過去の投稿に画像リンク切れ多数ありご迷惑おかけしています.

JMP

JMP

既存実験計画データを活用する

トップの「お問い合わせ」から質問のメールを頂くことがあります.時間があるときは,できるだけ丁寧にお答えしているけど,一般的な内容ならこの場で公開するのもいいかなと.もちろん,具体的な質問内容には触れませんけど.質問の概要は,既存のデータがあって,おそらく実験計画によるデータのようなのですけど,拡張計画を検討されているようで,コメントを求められた次第です.このような状況での考え方について思いついたことを順不動であげてみる. まず,拡張計画を使う際にはその土台がしっかりしていないとダメです.カスタム計画である必要はないけれど,少なくとも何らかの実験計画のデータでなければ.軟弱な地盤の上にど...
JMP

再コード化を使ったマッピング

『JMPではじめるデータサイエンス』が増刷になった機会に,今まで見つけた間違いを訂正しておきました.訂正箇所はこの記事にまとめておいたので,参照してください.購入したばかりの人には申し訳ないです.お詫びに,連絡くだされば何か特別なことをやろうと考えてます. さて,この書籍はJMP14を使って書いたのですが,前にもお話ししたように校正段階でいきなりJMP15がリリースされ,慌ててJMP15で全ての内容をチェックして,JMP15での違いを補足しました.その後,JMP15の新機能の全貌が明らかになると,一部の例題でもっと効率良い方法があることがわかったんです.今回は,ページを跨ぐような修正は...
JMP

JMPと日本語

多くのJMPerが気づいていることで,かつ不満にも感じていると思うんだけど,JMPの日本語の扱いには難があります.Windowsでは英語環境(日本語環境以外ならなんでもいいですけど)下で日本語を入力すると「システムライン変換」になってしまうことがあるけど,JMPで日本語を使っていても同じ状況になることがある.ともに英語のソフトだからね. キーボードを叩いても何も変化がないので,あれ?と思ってふと画面の左上を見ると小さなウィンドウが出現していて,今打った文字が入力されている.こんな経験はどなたにもあるのではないかな.これが「システムライン変換」です.これに対して,通常の日本語入力を「イン...
JMP

JMP16登場

先々週の『JMPではじめるデータサイエンス』の訂正について,いくつかの追加と補足することがあったので,今日はそれを書くするつもりだったけど,ここにきて重大ニュースが入ってきた.JMP16のトライアル版がリリースになりました.正規ランセンス版は3月下旬と聞いてますけど,それに先駆けて,今週の金曜日にトライアル版はJMP16になりました. JMP13のときは,13と言う数字があちらでは縁起が良くないということで,サミットでジョン・ソールさんが13と言う数字を取り上げて講演されたのを覚えてます.16と言う数字は日本ではやはり大昔のスポ根漫画を思い出します. いつも通りなら,半年...
JMP

ジャーナルを何に使うか

JMPにジャーナルという機能があるのを知っている人は多いと思うけど,これを使いこなしているっていう人はあまりいないんじゃないかな.SAS社としては,ジャーナルは結果の保存およびプレゼンテーションに使うことを想定しているようだけど,少なくともプレゼンには向かない.一度やってみたらわかるけど,時間配分が難しいんです. 特に制限時間が決められているプレゼンの場合,コンテンツの進捗の程度はページ数で判断できるけど,ジャーナルだとそれができないんです.今何合目に差し掛かっているのかという情報は,良いプレゼンには必須だからね.ご存じない人のために補足すると,ジャーナルはJMPのレポートの構造を踏襲...
JMP

不整脈の話

先週NY州のクオモ知事のことを少し持ち上げて書いたら,情報隠蔽の疑惑が持ち上がったようです.だから時事ネタ(というほどのものではないけど)を書くのは避けてたんだった.政治に関するネタも同類ですね.コロナもデータとしてみるのは面白いんだけど,コロナについて論評すると,グループ分類されてしまうのが怖い.経済を回そうという派閥とコロナ撲滅を優先する派閥に強制的に判別されてしまう風潮. いえいえ,私はそのどちらでもないんですけど.どこかの政治家がブレーキを踏みつつアクセルを踏むというようなこと言ってたけど,それはみんなが疲弊するからやめて欲しいとは思います.ドライビングテクニックにヒール・アン...
JMP

創発をもたらす第三の目

あけましておめでとうございます.お正月休みはどうお過ごしだったでしょうか?わたしはと言えば,外出自粛のおり,古い書類(と言ってもデジタルだけど)の整理にあけくれていました.基本的に過去のプレゼン資料などはそのイベントが済んだらバラして,内容で分類してストックして,オリジナルのドキュメントは表紙だけ残して廃棄してしまうんだけど,時々忘れてしまってSSDの中に埋れてたりします.おそらくファイル移動の際の操作ミスだと思うんだけど,今回もいくつか昔のドキュメントを発掘しました.このまま廃棄するのももったいないような気がして,今日はそれを紹介します. 2015年の第二回M JMPer's Mee...
JMP

インフルエンザ様のこと

コロナ第三波と言われて久しいけど,なかなか歯止めがかからない.実効再生産数も1を切りそうで切らない日々ですね.それでも,東京に限れば,昨日は1を切ってます.またすぐに1を超えると思うけど.この繰り返しで,いわゆるテラスに載っている状況です.そんな中で,個人的にようやく感染拡大に歯止めがかかってきたとも思えるのは,「COVID-19重症者におけるECMO装着数の推移」を見て,なんと久しぶりに0人だったからです.0人は7月29日以来ですよ. もちろん,東京は0人になったとはいえ,全国では36人とまだまだ多い,でもピークは過ぎています.おそらく東京の感染状況が地方に伝搬するのに時差があるため...
JMP

ファクターXを探してみる

コロナ感染者増加で医療崩壊とか各方面で騒がれてるけど,誰かも言ってたように,崩壊という言葉は適切でないですよね.医療崩壊の定義が明確じゃないので,コロナ初期のイタリアのような状況(患者が廊下に放置されていたとか聞きます)になるののか,と誰もが思ってしまから.医療側の定義としては,そこまで破滅的なものではなくて,感染者が増大して医療サービスに大きな負荷がかかることで,その他の(通常の)医療サービスが提供できなくなることを医療崩壊と呼んでるみたいだけど. 医療の負荷が増大するって言ってもインパクトが小さいから,医療崩壊という怪しい言葉を使ってるのかも.マーケティングにFUDっていうアンチ・...
JMP

本日開催

はじまりました.私もJMPくんと同じくコタツでJohn Sallさんの講演を聞いていました.オンデマンドの発表も始りますが,私の発表で言及している過去記事はこちらです.文字だけですいません.
JMP

Discovery Summit Japan 2020

ライフスタイルが変わるから更新頻度も変わるかなって思ってたけど,結局のところ週末更新に落ち着いてます.リモートワークともおさらばとも期待してたけど,それも今まで通りという現実.コロナ感染が拡大してきているから,まあそれは良かったんだけど.あ,ちなみに今の状況はそれほど心配してないです.いつか紹介した,ECMOnetの「COVID-19重症者におけるECMO装着数の推移」を見る限りでは,東京は4名で,これは8月上旬と同じレベル.日本全国でも17名なのでまだ大きくは変化してない感じです.人工呼吸治療数は緩やかに増加しているけど,感染者が増えればそうなるだろうな. さて,今日はSummit ...
JMP

カテゴライズについて

ご質問を頂いたので,今日はそれについてお答え,といったらいいのか補足といったらいいのかわからないけど,を書きます.詳細は伏せるけど,データの観測値が階級範囲でくくられているけど,もとの連続量に戻したほうがよいか?という質問.ローデータでは連続尺度の変数だったのが,前処理の過程で順序尺度化されているケースです.そりゃ不可逆だから,ローデータが入手できればそれに越したことないのは明らかだよね.これだけだと素気ないから,以下思ってることをダラダラと書きます. 英語ではカテゴライズと呼ぶことが多いけど,その特殊なケースがヒストグラムを描くために階級間隔を決めて,観測値を分類すること.exclu...