サイトデザイン改良中でご迷惑おかけしてます.

2020-03

覚え書き

クラスターとかオーバーシュートとか

政府や都知事の会見でも度々登場するカタカナの専門用語に,河野防衛大臣がTwitterで苦言を呈したそうです.「感染症用語、カタカナ語控えて 河野防衛相が提起―新型コロナ」確かに3月22日にこのようにtweetされていました. クラスター 集団感染 オーバーシュート 感染爆発 ロックダウン 都市封鎖 ではダメなのか。なんでカタカナ? なるほど,一理あります.専門家はともかく,意味が曖昧なまま使っている人やメディアも多いようです. リングポールに颯爽と立つJMPくん JMPでクラスターといえば,クラスター分析です.分析メニューの「クラスター分析」には「階層型クラスター分析」「K Me...
JMP

A型人間はコロナにかかりやすいのか?

冒頭から如何わしいタイトルで恐縮です.血液型と性格の関係がどうこうという話ではないのでご容赦ください.様々なデマ情報も飛び交っている昨今では,それら情報の裏を取るという必要があり,ここのところ色々な文献を読みまくっています.311の当時を思い出す状況です.あのときも随分と勉強しました.このときの蓄えがなければ,おそらく『JMPではじめる統計的問題解決入門』は執筆していなかったかもしれません.p46の「ネ申エクセルの話」というコラムにも当時のことを書いていますけど,あの頃色々と勉強したことが集積していって,それが書籍として実態化したように思います. さて,ここのところコロナをネタにしていて,先...
JMP

災難に逢ふ時節には災難に逢ふがよく候

先週予告したように,本日は新型コロナウィルス感染者の状況を中国,イタリアと比較しようと考えていました.ですが,イタリアの状況がデータを取るまでもなく酷くなってきていて,指数関数のグラフを見るに忍びないので,変更させてください.自転車と万年筆を愛する自分にとって,イタリアは特別な国なのです.(中国ならいいのかと言われれば,もちろん,そんなわけではないですよ.)ただ,どうしても気が乗らないのです.今年のジロは中止でしょうね... そもそもコロナウィルスをブログ題材にするのにも気が引けるように思えてきました.自分に興味のあるデータ分析の対象として扱っているだけなのですが,明らかに,ここ最近のビュー...
JMP

「JMP超入門」はじめました

このブログに来て頂いているということは,基本的に『JMPではじめる』シリーズの読者の方々と思います.少しはお役に立っていますでしょうか?中には,なかなか時間が取れずに積ん読状態になっている方もいらっしゃるかもしれません.そこで,これからJMPを学ぼうと思っている方のために,記事カテゴリーに「JMP超入門」を加え,連載をしていくことにしました.それというのも,ここしばらくは在宅勤務や出張のキャンセルなどでいつもより時間がある方が多いと思うからです.私も今は時間があるので,こういうことができます. いきなり春休みに突入した小中高生には,民間企業が提供するいりいろな自宅学習支援のコンテンツが...
JMP

新型コロナを題材に補講します

本日は,新型コロナを題材に『JMPではじめるデータサイエンス』の補講をします.p54の『シロかクロか?」を開いてください.何かと話題になっているPCR検査について検査的中率を求めてみることにします.必要になるのは,偽陽性率と偽陰性率というPCR検査の性能と事前確率,即ち被験者が感染しているであろう確率です.最初に偽陽性率と偽陰性率を調べてみます.専門家が,口々にPCR検査は絶対ではないと言っているものの,それがどの程度なのか具体的な数字は見つけることができませんでした. ウィルス検査の偽陽性率についての文献はインターネット検索のレベルでもいくつか上がってきますが,例えば,この文献では,P...