過去の投稿に画像リンク切れ多数ありご迷惑おかけしています.

新着記事

実験計画

実験計画とハンディキャップ

実験計画に失敗は欠かせないという趣旨のことを書いたけど,もう一つ欠かせないと思っていものがあります.それはタイトルにあるようにハンディキャップです.ともに逆風という意味では同じですけど,ハンディキャップには生得的なものというイメージがあります.ここでは,生まれながらのということの意味は,上司や会社との関係性で実験計画が実施しにくいということと解釈してください.このハンディキャップを乗り越えたところに成功があるということでは,失敗と同じです. 西村由紀恵というピアニストがいます.演奏者としてだけでなく作曲家として素晴らしい作品をたくさん書かれています.名前は知らない人でも彼女のメロディは...
実験計画

なぜ日本でDOEは流行らないのか?

昨年のSummitでは,なぜ日本でDOEが流行らないのかということを考えてみました.3つほど理由を挙げたわけですけど,この年末年始にもう一つ思いついたことがあります. それは「失敗」を恥とする文化にあるのではないかという考えです.失敗の責任を厳しく問われ,その償いもすべきであるというのも日本では当たり前のことと受け止められています.要するに日本では,「失敗」は悪なのです.ところが,世界特に米国では状況が異なります.ヘンリー・フォードの「失敗はより賢くやり直すためのチャンスである.」という言葉が語っているように,失敗はチャンスなのです. DOEとは言うなれば失敗を効率よく繰り返し,...
統計リテラシー

今年もよろしくお願いします

最近ブログに時間が取れなくなってきたんですけど,週一の更新はキープしたいなと思ってます.今年は今まで以上に「統計リテラシー」ねたを書いていこうというのがニューイヤーレゾリューションです.できれば,kindleで出版してみたいと考えてます.一般の紙の書籍の魅力も価値も軽んじてはいませんが,内容がすぐに古くなるコンテンツは向かないと判断しています. 統計リテラシーのねたは,ほとんど毎日のようにあるのでコンテンツには困りません.例えば,少し古いですが,米感染者が累計5000万人突破、英で初のオミクロン死者 という記事を読めば,いかに世の中には不完全な情報がもっともらしく配信されているのかわか...
お知らせ

年末のご挨拶

いろいろと所用があって,ブログを本日更新してます.今後は月曜日に更新というのがいいのかもしれません. 今年はコロナ一色の一年でしたが,来年はパンデミックをどう過ごしたのか,経験したのかが問われる一年となりそうです.いつぞやのブログで,シェイクスピアのペストのパンデミック期間についてかかれた,ジェイムズ・シャピロ,『リア王の時代 一六〇六年のシェイクスピア』(白水社)を紹介しました.そのときニュートンの創造的休暇についても書いた記憶があります. 私はとはいえば,この創造的休暇を「統計の本」の執筆にあてていました.最初の原稿は1年ほど前に脱稿していたのですが,出版社からもっと易しく書...
講演

SDGsと最適化設計

金曜日のSummitをご覧いただいたかたもいるかもしれません.今年はQ&Aセッションをライブ配信するというので,この一週間は緊張して落ち着かない日が続いていました.ゆっくりとブログ更新する時間もなかったのですが,いつになくゆっくりとした日曜日の晩です. Q&Aセッションではいくつかのご質問をいただきましてありがとうございました.その中で,最適化の条件について動画で「あまり良くない」と言っている箇所があるのですが,どうよくないのか?という質問がありました. 今回の発表は25分でエントリーしたものの,収録して気付いたのはとてもその時間には収まらないということ.もともとコミッテ...
講演

いよいよ来週はDiscovery Summit

今年もオンライン開催ですが,昨年の収録済みのビデオを配信するという形式から部分的なライブ配信も取り入れる試みをしています.一つは発表後にQ&Aセッションの場を設けること.そして,Networking with committee membersというセミライブイベントが1日目の午後に予定されています.私は2日目にも発表があるので,連日参加です. 参加申し込みはまだできるので,興味ある方はここからどうぞ. 先週はそのイベント用に「推しのJMP機能」の収録をしていました.一発どりをしたら持ち時間を超えてしまったりして,途中で一度つなぎ合わせています.今回試しにジャーナルを使っ...
JMP

モデルのスクリーニング

昨日更新できなかったので,月曜日の今日改めて.このところゆっくりブログも書けない状況でしたが,そろそろ来週あたりからは時間ができるかなという感じになってきました. Networking with Commitee Membersというオンラインイベントで「推しのプラットフォーム」の企画があると先日お伝えしました.私は「パーティション」についてお話しするつもりとも.実はその収録を昨日やっていました.自宅で収録するともなると,昼間は何やら騒がしいので夜間がいいのですが,いざ実施しようと思っていたら,台風のような暴風雨があったりして延び延びになっていました. 一度収録は終えていたんです...
統計リテラシー

分布形状の裏を探る

任天堂の2022年3月期第二四半期の決算説明会の資料に面白いグラフが載ってます.このPDF資料の8ページ目を見てください.このヒストグラムは「年間プレイユーザー」の年齢構成を示しています.「年間プレイユーザー」とは,任天堂のアカウントのうち,会計年度の1年間に,Switchで何らかのゲームを起動した人のことと定義されてます. このヒストグラムを見ると明らかに異常がありますね.21歳のビンだけ突出してます.詳細は良く分かりませんが,アカウント作成時に入力する生年月日から20歳を超えて21歳以下の人を集計しているのでしょうか.このグラフネット界隈で話題になったので,ご存じの方も多いと思いま...
JMP

飛球シミュレータ

飛球シミュレータというJMPアドインがあります.見た目はこんなやつです. ボール投げをシミュレーションするアドインですが,球投げの各種設定やボールの直径や重さなどを指定して,着地した距離とそれにかかった時間を記録できます.統計教育,得に実験計画の教育に使う目的でSAS Japanが開発しました.ボール投げといっても,二次関数を使った単純なものではなくて,物理的なシミュレーションもしているようです. 『JMPで始める統計的問題解決』では,その開発初期のバージョンを使わせて頂きました.いろんな分野の方が見ても違和感ないように配慮したかったので,少しでも実験計画の臨場感を出した...
JMP

パーティションの上位版

最近日曜日になると忙しくなる感じです.というわけで今日も簡単に. Summitのイベントの一つに「Networking with Committee Members」というのがあって,JMPの「推しの機能」を紹介することになってます.この企画私が提案したのですが,その際に頭にあったのが「パーティション」でした.このことについては,以前お話しした通り.「パーティション」を10分以内に紹介するビデオを事前に作成しなければならないので,その準備をはじめました.ここが気に入っているという点を列挙して,それだけでは不親切なので,弱点についてもお話ししようかと考えてます. 弱点はご存じの通り...
JMP

METADATAとJMP

先日,SAS社主催で製造業の教育担当者向けのセミナーが開催されました.そこで講演を依頼されたので,色々と技術者教育についての思いをお話しさせていただきました.技術的な話でもないのに,思いのほか多くの方に好評いただけたようで安心しています. このセミナーは,製造業限定で非公開で実施されたので,当日何をお話したのかについては,後日この場を借りて書こうと思ってます.この,後日**します,というフレーズを何度も書いておきながら,いつも忘れてしまうのが問題ですけれど. もちろん,オンラインの講演だったので,試しにSummitで使うようにとSAS社から送っていただいた,背景を使ってみました....
講演

この週末は忙しい

何が忙しいかというと,来週火曜日に開催予定の講演の準備と,Summit Japanの発表の準備です.特に後者は,まだストーリーが固まってないんですよね.昨年はJMP Proの機能紹介をしたけど,今年は啓蒙的な話にするつもり.実験計画のコンサルテーションをしていて,色々と拒否反応含めてネガティブな意見を聞いてきたので,それに対する回答として聞いていただけるとありがたい.ちなみに今まで聞いてきたそれらの意見をまとめるとこんな感じです.下流再現性が良くない ➡︎役に立たない思ったより手間がかかる ➡︎負担が増えた実験の失敗が致命的 ➡︎無駄になった物理が見えない ➡︎ブラックボックスシミュレーショ...