過去の投稿に画像リンク切れ多数ありご迷惑おかけしています.
統計学のやさしい授業

練習問題の解説(問14)

練習問題を含め,このブログに質問やコメントをいただくことがあります.何らかのコメントがあるとメールが届くのですけど,そのメールは1週間に1度くらいしか受けない設定にしているので,前にもお伝えしている通り,お返事が遅れることがあります.そのことはご了承ください. 因みに,返事をしても半数くらいの人からは何の反応もなく,メールがちゃんと届いたのか不安になります.必ず何らかの返事はするようにしているので,1週間経っても返事が届かなかったら,お手数ですが再度ご連絡ください. さて,今日は久しぶりに練習問題の解説をしてみようかと思います.前回は問13の補足をしたと記憶しているので,問14で...
覚え書き

天手古舞の日々

仕事でいろいろ考えたり本を読んだりするのに追われてここに書くのは久しぶりになります.毎年,新入社員向けに「統計リテラシー」の講座を持っているのですけど,今年はネタを一部入れ替えようかと思っています.そういうわけで,毎日の情報収集で天手古舞です. 天手古舞の天手古は祭囃子の太鼓のことで,それにあわせた慌ただしい踊りのことのようですが,精神的にはまさに踊らされているような感があります.実際にはむしろいろいろなことに億劫になってるんですけど.とはいえ,だんだんと講座の骨子もまとまってきたので,なんとか一段落はしそうです. この一方で,来期は対面でのセミナーなんかも一部で始まりそうなので...
統計学のやさしい授業

新年のご挨拶(問13の訂正)

新年早々なんですが,またもや訂正です. 問13のcですが,問題文では不良品の20%を作り直すと書いてありますけど,これは「不良品の80%を良品として作り直す」とすべきでした.問題文をこのままとするならば,正解は不良品の20% は全体の5%なので,1500 x 0.05 x 1000 = 7500円 増えることになります. これも問題文を暗算できるように修正したものの,回答を修正するのが漏れてしまったことが原因です.誠に申し訳ございませんでした. 因みにですが,bの標準偏差は以下のように計算します.(2000-1000)^2 x 0.25 + (1000-1000)^2 x ...
お知らせ

年末のご挨拶

先週,先々週とブログ更新はしませんでしたけど,コロナにかかっていたわけではなく,単に他にやることがあって,余裕がなかったからです.サラリーマンをしていた頃は「忙しい」と思うことはあまりありませんでした.しかし,自営業の身となってからは,時にそのように思うことがありました.個人事業主のことを自由業とも言いますが,サラリーマンのときの方が自由だったような気がしています. この9月に法人を設立したので,正式には個人事業主ではなくなったんですけれど,基本的にやってることは変わりないので,やはり時に「忙しく」なります.来年のGW以降,おそらく6月の中頃まで「忙しく」なる予定です.ブログ更新はそれ...
統計学のやさしい授業

問11の解説(訂正)

先日,練習問題の解答の訂正をしたばかりだけど,本日も訂正があります. 練習問題の解説を最初からやっているのは確認の意味もあるんだけど.やはり他にも間違いが見つかってしまいました.問11は観測値の平均と期待値とを比較する問題なんだけど,a)の平均は正しいのですが,b)の期待値は以下の通りです. 10000×0.01+1000×0.1+200×0.5=100+100+100=300 300円というのは正解ですが,導出する式が間違ってました.申し訳ございません.これも当初別の問題を作っていたのですが,簡単に暗算で計算できるように問題を修正したのが原因です.でもなぜか300円という...
統計学のやさしい授業

問4の解説

12月になってしまいましたね.思えばコロナが騒がれ出したのが3年前のこの季節でした.思えば私が統計の本など書こうと思ったのは,コロナの緊急事態宣言がきっかけでした.直接的な被害を受けられた方にはそれどころではなかったかもしれませんが,私にとってはコロナも悪影響だけではなかったなどと思っています.おそらく,皆様もこの期間を経たことで,人生で大きな経験を積まれたことと思います. コロナの影響といえば,Discovery Summitも過去3回がオンラインでの開催となりました.とはいえ,次回はおそらく一部だけでもオフラインというか対面形式での実施になるのではないでしょうか.既に米国ではオンラ...
覚え書き

今週は

基本的に週一回月曜日更新を目標としてましたけど,本日は多忙につき更新を断念.また来週.できれば今週のどこかで.
Discovery Summit

DSJ2022

先週再再されたDiscovery Summit Japan 2022では,JMP17の新機能を色々と勉強できたわけですが,近年では最も大きなバージョンアップとなったようです.特に「ワークフロービルダー」と「ナビ付きDOE」の二つが大きな目玉でしょうか? 「ナビ付きDOE」は英語版では「Easy DOE」であって米国SAS社のプレゼンでもそのように呼んでいましたね.「ナビ付きDOE」という翻訳はよく考えられたのでしょうけれど,このプラットフォームは実験計画の作成をするものだから,自分としては「DOEナビゲーター」とかにして欲しかったです.「イージー実験計画」とかの直訳よりはマシですけど....
統計学のやさしい授業

問9と問10の解説(訂正)

本日は来週のDiscovery Summitのプレビューをしようと思ったんですけれど,予定を変更して『統計学のやさしい授業』の練習問題の解説をします.それというのも,このブログに少し前にいただいていたコメントで,回答の間違いに気付いたからです.ブログにコメントがあるとメールで通知がくるのですが,このアドレスは最近使わなくなっていて気づくのに遅れてしまいました.コメントは原則非公開にしているので,メールで返信しましたけど,届いているのかな?ご指摘どうもありがとうございました. 順番では今日は問4なんですが,指摘いただいたのは問9です.問4-8は後日に回します.問9は(9,80,10,15...
書籍サポート

問3の解説

今日は『統計学のやさしい授業』の練習問題の解説です.確か前回は問2だったので,今日は問3です.「統計のしくみ」についての記述の穴埋め問題です. 統計のフローが頭に入っていれば,後は用語だけの問題です.まずは(a)から.母集団から標本を得ることを「抽出」あるいは「サンプリング」と言います.ですから,このどちらも正解です.とはいえ,標本は抽出して,サンプルはサンプリングするとした方が美しいとは思いますけど. (b)は少し補足が必要かも.標本を計算して(統計量)を得るを正解としましたが,正確には統計量の実現値とすべき.統計量はあくまでも計算式に過ぎないので,だけど,この違いは多くの本で...
JMP

Happy Halloween

今日はハロウィーンです.日本では大人のバカ騒ぎのような下品なイベントと化してしまってますが,米国では違ってました. 米国に足かけ7年くらい住んでいたのですが,当時のことを思い出します.近所に住んでいる子供たちが,玄関口に訪れてくるのでお菓子をあげるんですけど,数十人は来るので前もってお菓子を用意しておく必要があります.スーパーに行くとちゃんとハロウィン用のお菓子を売ってるんですね.小さめのキャンディバーのアソーテッドで,枕ほどの大きさの袋入りでした. あちらでは何でもサイズが大きいんですけど,日本でもコストコなんか行くとお目にかかることができますね.驚いたのはポップコーンの大袋....
JMP

JMP17リリース

このところ『統計学のやさしい授業』の問題解説が続いていたので,今日はJMPについて.いよいよJMP17がリリースされました.私が教えている受講生の中にはまだJMP15を使ってる方も大勢いるのでもう17かという感じです.サブスクになったから,SASも定期的に更新しなくてはならないので,慌ただしいことこの上ない. でも,まあ新しいJMPはいつも心躍るものがあります.新機能はこちらに紹介されている通り.ワークフロービルダーが最大の売りなんでしょうね.私もまだチラッとしか勉強してないのだけれど,JMPのWebページにあるこの図から想像するに,アクションスクリプトとジャーナルを合わせたようなプラ...