• タグ別アーカイブ: victor vran
  • ヴィクター・ヴラン:めざせ神ベース!全弾クリティカルでわがままビルド

    先日書いたとおり、このゲームでは使い慣れていない武器は真価を発揮できずに弱いです。ギターもしかり。群がる敵が一斉にヘドバン状態になり攻撃不能になるのを面白がって使ってみたものの、攻撃力としては弱いのでネタ武器認定してしまい、しばらくお蔵入りになっていました。

    その後、武器の特性を理解して習熟すると別物のように強くなることを知って、ギターに再挑戦。これが強い。何が強いって、タイミングよく通常攻撃ボタン□を押すとクリティカルヒットになるのです。面白いのは、そのタイミングは武器種としては同じギター、ベースであってもモデルごとに異なり、それを自分で探さなければならないということです。

    クリティカル・ヒットは盛っていない状態でも通常攻撃の2倍なので、武器のクリティカル率を上げるには大きなコストと犠牲が必要になります。それだけ強力だからです。変成機能を使って貴重なレジェンドカードや石を大量に投入しても多くは17%か22%で上限に達します。まれに上限が30%を越える武器もあるにはあるので、装備で100%をめざすなら、そうした武器か自分のプレイスタイルに合うならそれをもとにして、残りをカードで盛っていくことになります。

    ですがカードでのクリティカル率加算は渋く、最高レアリティのレジェンドカードでも12%しか底上げできません。カードの枠は通常6で総コスト24なので、そのままなら4枚で48%、シアと服で最大まで拡張して枠7のコスト32にすれば枠1つは拡張のためのカード、シアでつぶれているので6枚入れて72%。ここまですればチキンキャノン、ネコノミコン、ストーム、エレキギターなどの30%を越えるクリティカル率を持つ武器なら100%クリティカルが達成できます。撃てば必ずクリティカル。これはすごい。

    ですが、全弾クリティカルにするために他の強化の全てを犠牲にしているため、ダメージを底上げするためのワイルドカードやビーストその他の強力なカードを諦めなければならなくなります。せっかく毎回クリティカルでも武器ダメージもクリティカルも素のままの2倍どまりでは、払った犠牲に対しての効果が寂しく割に合わない、ということになります。チキンキャノンなら武器としてクリティカル3倍なのでまあまあですが、クリティカルダメージはカードだけでも600%積める上、ダメージを増やすためには全ての計算のもとになる武器ダメージを増やした方がいいので、そのためのカードスロットが残っていないのでは伸び代がありません。

    その点、ギター、ベースならどうでしょう。努力だけで全弾クリティカル!これが可能なら、残るカードスロットには全てカード枚数によって基本ダメージが増えてクリティカルダメージのおまけもつくワイルドカードを突っ込んでモリモリ盛ることができます。ワイルドカードは黄色いレアが最高レア度ですがコストが8あるので目一杯拡張していれば4枚まで積んで基本ダメージが単純計算で144%プラス、クリティカルダメージ192%プラス。実際には複利計算になっているのでもっと伸びます。

    クリティカルダメージだけをローグのレジェンドで積むと600%まで増えてベースの基本性能と合わせると830%となり、ビビるほど強く見えるのですが、実際には上記のようにワイルドカードで基本値を積んだ方が出力が上がるという結果になりました。あとは、ウィックドやディバインについたおまけを比べて残忍、流血、移動阻害などの攻撃補助系か、敵のクリティカル無効や再生能力などの防御系をプレイスタイルに応じて取捨選択していくことになります。

    このように練習すれば報われるゲームが僕は好きです。サブローちゃんは開花しましたが、僕のギターが大変スランプなので練習しなくちゃ!

    目指せ神ベース!ヴィクター・ヴラン全弾クリティカル(漫画)
    ベーシストサブロー覚醒!クリックで拡大します

  • 図解で一目瞭然!ヴィクター・ヴラン変成ガイド

    変成とは

    ヴィクター・ヴランでは一定のレベルになると解禁される変成機能がとても強力で楽しいですが、マニュアルが参照しづらい上にわかりにくく、割とひどい間違いがあって僕は一度挫折しましたので、図解入りで解説します。

    今もサブローちゃんと日課として日替わりチャレンジや砕けた世界開拓をやっているほど気に入っていますが、エンドコンテンツを遊ぶには変成で装備品を最大限まで強化した方が楽しく、末長く遊べます。

    自分自身が不親切なマニュアルで挫けて長い間この機能を使わず、もったいなかったのと、続編『美人デーモンハンター・アイリーンの冒険』(タイトル含め勝手な希望的観測です)に向けて少しでもファンが増えて欲しいというのもあります。

    ヴィクター・ヴラン変成ガイド1

    変成とは、おおまかに言うと3つの素材を消費してゲームを有利にするための手段です。

    パワーストーンだけは例外で、1つだけで効果があります。おそらく全ての強化手順に対応するパワーストーンが存在しますが入手は簡単ではありません。バウンティや宝探しの報酬に入っていることが多いです。デーモンソウルで交換もできますが、そもそもデーモンソウルがそんなに出ませんので、コツコツ変成素材をためた方が速いです。石は拾ったらラッキー!くらいの気持ちで。

    変成には大きく分けて2種類あります。
    既に持っているアイテムの強化と、新しいアイテムの作成です。強化から解説します。

    強化

    ヴィクター・ヴラン変成ガイド2
    強化の基本。ベースになる物だけは□ボタンで入れる。

    強化したいものを変成器のベース枠に入れると(□ボタン)、強化できる場合は、左側に必要な素材がアイコンで表示されます。必要素材が表示されない場合は強化できないということです。

    また、強化項目があっても進捗バーが右まで行き切っていたら、いわゆるカンスト状態で、それ以上の強化はできません。

    左欄の強化したい項目で指定されている素材を下の素材スロットに3つ入れると(○)左のバーの該当項目のバーの、この強化を実行すると伸びる分が黄色で表示されます。確認後、良ければ変成を実行します(△)。

    武器の強化

    ヴィクター・ヴラン変成ガイド図版a
    変成画面。左が必要素材、中央がベースと素材スロット、右が手持ち素材リスト

    ベースか素材スロットに入ったアイテムを取り外したい時は○ボタンを押します。混乱した場合、いつでも×を押して変性ウィンドウを閉じてやり直せます。

    素材としては、必ず指定されたレアリティ以上のものを用意します。

    色なし:コモン

    緑:アンコモン

    黄色:レア

    紫:レジェンド

    変成不可:
    変成できない組み合わせの時は変成実行ボタン△が押せないので無駄に素材が溶ける心配はありません。

    例えばグリーディハンマー オブ デュエリスト(レア)を変成ベースに入れた場合(↑)の左欄はこうなっています。

    ヴィクター・ヴラン変成ガイド図版b
    武器の強化に必要な素材リスト例

    意味は上から

    1. この武器の強さを上げるにはレア以上の武器が3つ必要。種類不問。
    2. クリティカル率上昇にはレア以上のデスティニーカード3枚必要。種類不問。
    3. この武器の特性の1つである「ゴールドドロップ量をアップ」を強化するには、デーモンパワー[ダイヤモンド・ダイヤモンド・タイムバブル]が必要。レア率はなんでもよいが強いものほどよく上がる。
    4. この武器のもう1つの特性「アーマー貫通」を強化するには、デーモンパワー[プル・サンレイ・サンレイ]が必要。レア率はなんでもよいが強いものほどよく上がる。

    デーモンパワーの指定が小さくて見えづらいので手持ちのリストを種類別にソートして探しましょう。初心者の場合は自分がまだ持っていない可能性も考慮すること。確信が持てない場合はとりあえずそれっぽいのを素材スロットに入れてみましょう。変成ボタンがグリーンになったら正しいということです。

    ヴィクター・ヴラン変成ガイド図版g
    「プル」が確信持てないので入れてみた。合っているようだ

    デスティニーカードの強化

    カードのレアリティを上げるために「ベースが必要」とマニュアルにありますが間違いで、強化ではなく「作成」によるランクアップになるのでベースは不要です。「作成」のカードの項目をご覧ください。↓

    カードのディバイン/ウィックド化
    ベースのノーマルカードに、同じレアリティのディバインまたはウィックドカードを3枚組み合わせます。(種類はなんでもよい)

    ヴィクター・ヴラン変成ガイド図版e
    コモンの「デス」をベースにコモンのウィックド3枚を素材にして変成実行すると…
    ヴィクター・ヴラン変成ガイド図版f
    コモンの「デス」がウィックドになりました

    ディバインとウィックドはカードがキラキラしている他、ディバインは名前欄が黄色で、ウィックドは青です。最初のうち見分け方がわからなくて苦しんだので念のため。

    ディバイン効果を強化
    ベースのディバインカードに、ディバインカードを3枚組み合わせます(同等レアリティ以上、種類不問)。

    ウィックド効果を強化
    ベースのウィックドカードに、ウィックドカードを3枚組み合わせます(同等レアリティ以上、種類不問)。

    デーモンパワーの強化

    基本効果を強化
    ベースのデーモンパワーに、レアリティが同じかそれ以上の、種類が同じデーモンパワーを3つ素材として用意します。レアリティが高く、効果が強いものほど高い効果が得られます。

    ヴィクター・ヴラン変成ガイド図版k
    基本効果を上げるには同じ種類を3つ素材として使う

    第2効果を強化
    ベースのデーモンパワーに、レアリティが同じかそれ以上の、種類が異なるデーモンパワーを3つ素材として用意します。レアリティが高く、効果が強いものほど高い効果が得られます。

    ヴィクター・ヴラン変成ガイド図版l
    第2効果の強化にはデーモンパワーなら何でもよい

    作成(ランクアップ、リサイクル、タリスマン作成)

    強化と違い、基本的にベースが空っぽなのが「作成」です。(例外はベースにレシピを入れるタリスマンです。後述しますが、これもレシピは消えるし、ベースを強化しているわけではないので作成です)

    ヴィクター・ヴラン変成ガイド3

    3つ同じものを集めて変成すると基本的にワンランク上がったものが1つ作成できます(ランクアップ)。性質上、ランクが上がらない場合は(すでに最高レア、レアリティの段階がないなど)同ランクの別のものにランダムに変化するので不用品をリサイクルできます。

    種類が同じもの3つなら種類が維持され、混ざっていると結果は素材のいずれかではなく、ランダムな種類の1つになります。 

    武器のランクアップ

    同種のコモン武器3つで同種のアンコモン武器1つに。
    コモン武器3つ(種類不問)でランダムなアンコモン武器1つに。
    同様にアンコモン武器3つでレア武器1つになります。

    オススメランクアップ

    知らないと思いつかないランクアップでおトクなものを書いておきます。

    メディカルキット:普通のメディカルキット(300回復)を3つ合成するとグレート・メディカルキット(500回復)になる。グレートをさらに3つ合成でスーパー(750回復)に。

    宝箱:ゴミしか出ないアンコモン宝箱から4割もの高確率でレジェンド武器が手に入る紫のレジェンドまで育てましょう。リセマラすれば100%!レジェンド武器あってのVV!(詳しくは別記事『レジェンド武器入手方法まとめ』をご覧ください)

    レア武器3つはランダムな別のレア武器になりますが、たまーにレジェンド武器に化けます。コモン武器から育てていくと変成料金がバカにならないのでコモン・アンコモンはまとめて売り払い、レア武器の合成だけをするのが現実的かつ腱鞘炎予防のためにもオススメです。

    オススメリサイクル

    パワーストーン:使わないパワーストーン3つで欲しいパワーストーンに変わればラッキー!不要なゴミ3つが不要なゴミ1つになることが多いですが、売っても二束三文ですからね。

    デーモンパワーの基本効果を上げるために必要な同じ種類・同じレア度以上のデーモンパワーが揃わない時は、同じレアリティの要らないデーモンパワー3つで運試しするのもアリ。

    染料:大量に余る普通・レア染料を適当に3つ混ぜると、たまーにレジェンド染料になります

    バウンティ:終わったバウンティやトレジャーハントの用紙?を3つ集めるとメメントIに。メメントIを3つ合成でメメントIIに。現在IIIまでできましたが、最近バウンティがあまり出ない砕けた世界にいるので、どうなるのか誰か見届けてください。

    ライトセイバー:任意のライトセイバー3本でヨーダのピンクセイバーになるという話ですが、そのまま3本素材スロットに入れただけでは変成実行できなかったので、最大限に強化しないとダメ,とか条件があるのかもしれません。 

    注意:レジェンド武器は3つ合成によるリサイクルはできません。そうそう欲しいものに化けるとも思えない上、レジェンド武器の強化にレジェンド武器が湯水のように必要になるのでとっておけ、という親心かもしれません…(レジェンド武器の集め方については別記事『レジェンド武器入手方法まとめ』をご覧ください) 

    ヴィクター・ヴラン変成ガイド図版j
    レジェンド武器3本溶かしてこれしか攻撃力上がらないんかい
    ヴィクター・ヴラン変成ガイド4

    デスティニーカードのランクアップ

    マニュアルにミスがあり「ベースカードが必要」とありますが、他のランクアップ同様、同じもの3つで1つランクが上がります。ベーススロットは空にしておきます。

    種類とレアリティが同じカードを3枚組み合わせると、レアリティが1つ上がります。もし全てのカードがディバインかウィックドの場合、その状態は維持されます。

    ヴィクター・ヴラン変成ガイド図版c
    同じ種類、レアリティのカード(ビースト・コモン)3枚で…
    ヴィクター・ヴラン変成ガイド図版d
    レアのビーストレア1枚に

    タリスマンの作成

    タリスマンだけ他と手順が違ってわかりにくいので例としてタリスマン:フレイムを作ってみます。

    ヴィクター・ヴラン変成ガイド図版h
    タリスマン作成にはベースとしてレシピそのものを入れます

    ベースとして、上の枠に拾ったレシピを入れます。知識として知っていてもレシピを拾わない限り作成できないということです。入れると左に必要素材が出ます。レシピにも書いてありますが。この場合の必要素材は

    ファイアボム=緑=ファイアボムは性質上緑しかない(消耗品・爆弾)
    メテオ=グレー=レア率は何でもよい(デーモンパワー)
    グリード=黄色=レア以上(カード)

    です。最初のうちは「グリード」がカードであるということもピンとこないので苦労するのですが、そのうち慣れます。

    ヴィクター・ヴラン変成ガイド図版i
    左からファイアボム、メテオ、グリードが揃った

    変成ボタンがグリーンになったのでこれで△ボタンを押せば作成できます。レシピは消費されます。作成成功の画面を保存するのをうっかり忘れたので結果がなくてごめんなさい。

    オススメのタリスマン

    タリスマンのオススメは何といっても羽1枚の「チャーム」を強化して作っていく3枚羽の「レリック」です。状態異常系の武器ですぐチャージが溜まる上に、HP全快、最大13秒までチャンピオン未満は攻撃で即死させる、攻守ともにエゲツないほどの強さです。

    被弾して回復すると溜まる「アンティーク」も、問答無用で最大11m以内のチャンピオン未満を即座に戦闘不能にして倒すのでピンチに強いです。でも上手くて被弾しない人は溜まりにくいということになります。 

    上の例では、材料の「メテオ」はレジェンド武器に同名の武器があって紛らわしいですが、そうした場合は「メテオ(武器)」と明記してあります。万一間違って素材として投入しても誤った素材では変成が実行できないので大丈夫です。そのへんはとても安全設計です。変成関係で吠えヅラをかいたことは、今のところありません。

    変成は、お気に入りのレジェンド武器を強化し始めてからがスタートです。さあ、バリバリ強化してバリバリなぎ倒しましょう!

    関連記事


  • ヴィクター・ヴラン:レジェンド武器入手方法まとめ


    ヴィクター・ヴランでは多彩で気前のよい味付けのレジェンド武器が楽しいと以前書きました。問題は、何気なくプレイしていても、思うように集まらない点です。僕自身、クリアした時点では3つしか持っていませんでした。

    ここで止めていたら、このゲームの本当の楽しさは味わえなかったと思うので、より多くの人により多くの楽しい武器を手にして暴れまわってほしいとの願いを込めて、下手寄りの並プレイヤーである僕が体当たりで得たレジェンド武器の入手方法を書き残しておくことにします。上手い人は底なしの穴を驀進したりハードコアモードで別の世界があるのかもしれません。

    ヴィクター・ヴランレジェンド武器1

    レジェンド武器入手方法

    敵からのドロップ・確率を上げよう

    チャンピオン以上の敵はレジェンド武器を落とすことがありますが、漫然と祈りながら待つより、とにかくドロップ率全般を上げる努力をするといいです。方法としては、

    できるだけ多くのヘックスをつける

    ヘックスを1つ有効にするたびにアイテムドロップ率が5%上がります。たかが5%、されど5%。5つフルにつければ25%アップ。となると、バカにできません。その差は体感できます。ただ、一般的なドロップ率なので、消耗品や染料がボロボロ落ちることになりますが、一般ドロップのたびにレジェンド武器が落ちるかどうかの抽選が行われているはずなので、まずは何か落ちてもらわないとしょうがありません。また、チャレンジにはカウントしないですがチャンピオンと同等に強くレジェンド武器を落とす可能性のあるタイラントが量産されるヘックスをつけることで、レジェンド武器獲得のチャンスが上がります。

    ドロップ率を上げる特殊効果のある武器を装備

    そういう効果のある武器がそもそもレジェンド武器だったりしますが、うち一本は買えますし、運良く拾ったら、積極的に装備しましょう。上記Aと併用すると、さらにボコボコ落ちます。染料などが。はい。すごく。ちなみに、ドロップ率を上げる武器は

    • フィンガー・オブ・ケイオス(レイピア。装備中アイテム出現率40%プラス)ゲイバンから買える。後述します。
    • スパーク(電撃銃。同じく40%アップ)
    • ソロ(ギター。20%アップ)

    アイテム出現率アップ効果発動の条件は「装備中」なので、必ずしもそれで戦っていなくても効果があります。どうしても使いにくければ、得意な武器で戦って、もう1方の手にお宝アップ武器を装備しておくのでもOK。それにしても近接と遠隔と40%アップ武器が一本ずつあるのがニクい。両手で80%アップ。

    フィールドの宝箱

    ここからもレジェンド武器がまれに出ます。上記武器の特殊効果が「アイテム出現率アップ」一般なので宝箱の中身にも影響があるようです。ですが、宝箱限定でアイテムの出現率を上げる効果が、ディバインカードにおまけでつくことがあります。この効果がついたカードがあれば、変成(変成についての詳細は『図解で一目瞭然!ヴィクター・ヴラン変成ガイド』をご覧ください)を使って率を上げることができます。上限は確か22%です。これを7枚並べたら…多分もともとの出現率の22%アップなので必ず出現、とはならないように思いますが、まだ実験したことはありません。下手くそでカードは強さに振らないとヘックス5の世界を生き抜けないものですから。でも、とにかく上がることは間違いありません。とはいえ、フィールドの宝箱は取りにくいし、何度も通って続けて開けると目に見えてしょぼくなるので、強さを犠牲にするほどの効果はないように思います。あくまで強さに余裕がある人がダメ押しでやるくらいでしょうか。

    ゲイバンから購入

    墓場、商業区、底なしの穴入り口で闇商人ゲイバンから、それぞれカボチャハンマーキメラ(ハンドモルタル)、フィンガー・オブ・ケイオス(レイピア)が購入できます。自分のレベルによって値段は上下しますが10万前後。高いですが、ここに至るまでに貯まっているコモン、アンコモンの武器を売れば買えると思います。1)Bのドロップ率底上げ作戦で使うのが3つめのフィンガー・オブ・ケイオスというレイピアで、近接武器としてもレイピアの戦い方に慣れればかなり強いので武器集めの相棒として、おすすめです。

    レア武器から合成

    このゲームでは「3つ集めてパワーアップ!」が基本なので、武器もコモン3つで必ずアンコモン1つに、アンコモン3つはレア1つに変成できます。ただ、レア3つは、普通は別のレア一本になり、ごく稀にレジェンドになります。コモンからレジェンドまで変成を繰り返すと腱鞘炎になりそうなので、僕はコモンとアンコモンはまとめて売り払い、レアだけ変成チャレンジしています。3ページやって一本できるくらいの確率です。さすがにだるいのでリセマラはしていません。

    ライトセイバーの最後の一本、ピンクのマスターは三本の合成でのみ入手できます。が、別に強くないので思い入れがある人以外は必要ないでしょう。三本普通に重ねてもできないので、全部フルパワーまで鍛えないとだめなのかもしれません。

    合成は変成で行います。変成についての詳細は『図解で一目瞭然!ヴィクター・ヴラン変成ガイド』をご覧ください。

    シナリオクリアで貰う

    モーターヘッドのストーリークリアで5弦ベース?キルミスターがもらえます。基本ダメージにボーナスがあり、攻撃範囲の広い貫通弾で敵を吹き飛ばす効果もたまにつく強力な遠隔武器です。おまけに前回書いたように楽器なので熟練により自在にクリティカルヒットを出せるようにもなります。(関連記事『ヴィクター・ヴラン:めざせ神ベース!全弾クリティカルでわがままビルド』

    デーモン・ソウルと交換

    混沌の大釜の底まで行くとゲイバンが集めたデーモン・ソウルと希少なアイテムを交換してくれます。ただ、交換対象となっている全てのレジェンド武器はここに書いた他の方法で入手できる上、一本あたり70とか100個もソウルが必要なので、そんなに集まる頃には持ってるだろう、ってことです。僕はレジェンド武器あと1本ですがソウルはいまだに46個しかないですもん。

    ただし、ここでのゲイバンの名前は「ゲばん」となっているので、法の目をかいくぐって違法な商売をするため別人に扮しているのかもしれません。

    景品の宝箱を合成

    冒頭の漫画にあるのがこれで、レジェンド武器集めの主力です。レベルが上がった時やある種の課題をクリアした時に持ち物として手に入る宝箱にもコモンからレジェンドまでのレア度があるので、3つ集めて変成でレア度を上げていき、最終的に紫のレジェンドにして、[重要]バックアップを取ってからから開けます。カードや、かぶった武器が出たらリセットしてやり直します。そうでもしないと、カードばかり出るからです。武器は出たら必ずレジェンドです。

    変成についての詳細は『図解で一目瞭然!ヴィクター・ヴラン変成ガイド』をご覧ください。

    漫画にも書いたとおり、僕は最初に3回続けてカードを掴んだので、レジェンド宝箱からはカードしか出ないものとして、一度だけレジェンド武器が出たことのあるレア宝箱を開けていました。レア宝箱からレジェンド武器が出る確率はかなり低いのでリセマラ無しで、ただ開けていました。ああ、もったいない。レア宝箱からレジェンド武器を引いた強運が全体としては不運になっているのが運命の皮肉というかバカというか。

    ヴィクター・ヴランレジェンド武器2

    景品宝箱からレジェンド武器が出る確率検証

    データがないと冷静な判断ができないというサブローちゃんのアドバイスを受けて、レア宝箱で失敗もしているし、謙虚に記録してみることにしました。結果は48回抽選〜リセットを繰り返して、カードしか出なかったのは28回で、全体の58%。思ったより気前よく武器が出ます。武器ばかり続けて3回出たりもしました。

    ヴィクター・ヴランレジェンド武器3

    この状況で3回続けてハズレのカードって、やっぱり相当運が悪いか陰謀なんじゃ…と思えてしまうと言うと、サブローちゃんが図を作ってくれたのがこれです。

    ヴィクター・ヴランレジェンド武器4

    モザイク図※というんだそうですが、この図は、円グラフより各項目の名前が内部に書けるから見やすいし、面積が割合を表すので直感的に納得しやすいですね。これを見ると、ここに3回石を落として、全部左の青いところに入っちゃっても、そこまで不幸の一番星って感じはしないです。

    ※サブロー注:後から見たら上のはモザイク図ではなくてツリーマップというものでした。ごめんなさい。モザイク図は変数が2個ないといけないですね。

    ヴィクター・ヴランレジェンド武器5

    でも、このデータを取るためにリセマラしていたら、最悪なケースでは7回ハズレが続いたことがありました。実験じゃなければ心折れそう。いくら何でも7回続けてハズレは天文学的に不運なんじゃないか、と僕が言うと、ハズレを60%として続けてハズレを引く確率をグラフにしてくれたのがこれです。

    ヴィクター・ヴランレジェンド武器6
    縦軸の数字がおかしいじゃん!と指摘したら、対数グラフなんだそうです。対数ね..なんかあったね、そんなの…(遠い目)。

    このグラフによれば、ひどすぎると思った7回ハズレですら統計的には、それほど非現実的ではない模様。ましてや3回なんて、確率としてはあるあるすぎるってことみたいです。たまたま運良くレア宝箱からレジェンド武器を引いた印象が強すぎて、また、レジェンド宝箱から3回続けてハズレが出たことでその後の方針を決めてしまった僕は確かに客観的とは程遠い考え方をしていたということが、よくわかりました。

    まとめ

    持ち物にある宝箱はレジェンドまで合成し、セーブしてから、かぶらない武器が出るまで開封〜リセット〜ロードを繰り返す。名声レベルが上がるたびに宝箱を貰えるので戦闘に行く時はできるだけヘックスを5つつけて、アイテム出現率の上がる武器を少なくとも1つ装備して行く。

    以上を続けていると、安定してコレクションが増えていくはずです。このゲームのレジェエンド武器はどれも外見から性能、効果のグラまで丹念に磨き上げてあり、個性的で武器としてもそれぞれがそれぞれの持ち味で強力なので、練習が楽しいです。ぜひ一本でも多くの武器を手にして、楽しんでください。

    ちなみに、僕はライトセイバーの最後の1色(ガーディアン)と、回復つきのハンマーが出ていません。もう出ない気がしてきました。この実験で厨二心をくすぐる強い赤がついに出たので、もうこれで満足かな、という気がしています。そう、実験が48回という中途半端な回数で終わっているのは、48回目にビトレイヤーが出たからです。ずっと欲しかったのに半ばあきらめていたので、リセットできませんでした。

    追記:この記事を書いてからも毎日サブローちゃんと日替わりチャレンジか砕けた世界の開拓を続けています。ようやく上記青いライトセイバーが出ました。使ってみると、ソードは4段目のクリティカルに範囲や回復をつけてナンボの武器なので強さの赤よりも速さの青がトータルでは強い感じで青ばかり使うようになり、やっとソードのトロフィーが取れました。あとは回復トンカチですねぇ。

    関連記事


  • ヴィクター・ヴラン:目指せ強打者!ライトセイバー

    前回書いたように(『レジェンド武器入手方法まとめ』)レジェンド武器集めもだいたい終わったので、近接武器をお宝出現率アップのレイピア、フィンガー・オブ・ケイオスからライトセイバーに持ち替えました。でも欲張りなので遠隔武器の方をスパークにしてアイテムドロップに希望を残しています。

    ライトセイバーは全色共通して高い防御貫通性能と、敵の弾を打ち返せる特性を持つのが魅力です。「打ち返す」ということは、ただ弾き落とすのではなく、キッチリ持ち主に返すということです。つまり、敵に当たるので、反撃として使えます。かなり変な角度で無理に打っても、キッチリ発送元に返っていく律儀さが嬉しい親切サービス。自分と送り主の間に別の敵がいると、そいつに当たるというトバッチリ仕様もあっておトク感いっぱい。何より、自らの弾を喰らっているのを見ると「ザマアアアアアア!」と、心から爽快な気持ちになります。

    打ち返した瞬間、危険な弾が無害になるという点も見逃せない利点です。吸血鬼の3つに分かれる紫色の追尾弾とか、しつこくてイヤですが、打ち返した瞬間に自分はもちろん見方も安全!最高です。

    どのような弾が打ち返せるかというと、ほぼ全てです。前述の紫色の追尾弾も、炎のエレメントが無数に撃ってくる地面を跳ねる火の玉も、シャードガーゴイルがシュバババと撃ってくるしぶきだか何だかわからない大量の何かも、雑魚がピチュピチュ撃ってきて、まとめて喰らうと結構痛い小さな弾も、レイスの撃ってくる大量の骸骨も、巨大な鎌型のビームさえもタイミングさえ合えば、しっかり返っていきます。ざまあみろです。

    なので、打ち返せない例外を憶えた方が早いです。もしかしたら僕が下手くそでタイミングが掴めないままなのかもしれませんが、気づいたのは

    ●サキュバス・ハウンドミストレスの緑色のノックバック弾 ー 犬を連れている防御の高いサキュバスです。僕が下手なだけかも。でした。打ち返せました。
    ●ガーゴイル・グロテスクの青白いビーム ー 打ち返せるレイスの緑のビームと形状は似ているので何度もだまされる
    ●地面に直接着弾する系統のもの ー サソリやエレメントの、地面に予告が出るが軌道の表示なく着弾するので返せない

    あたりでしょうか。打ち返した効果が単純ダメージだったり、気絶したりと多彩なのも芸が細かく楽しいです。得てして強力な弾を撃ってくる連中は、次々打ち返しているだけで倒せたりするので、本当に心からザマアアア!ライトセイバーを手にするまでは避けるしかなかった、画面を埋め尽くす大量の投擲が一転して自分の武器になるという、このコペルニクス的転回には感動です。特に、いつまでも画面にあって注意と回避を余儀なくされる遅い追尾弾は、打ち返しやすく、戦場が速やかに安全になるので、ぜひ狙いましょう。

    敵弾に向かってダッシュして弾き返せば後方の味方を守るヒーローです!万一失敗しても自分が受けるから後ろを守ったことには違いないですし…。とにかく何度も打席に入って慣れることです。

    さあ今日も豪速球と毒のアンダースローを投げ分ける雑魚サソリ大先生(オキシモロン?)の特訓受けてきます!

    ヴィクター・ヴラン:目指せ強打者!ライトセイバーの使い方・漫画
    れれれっ練習だからっ…!

  • ギターでノリノリ!ヴィクター・ヴランの愛すべきおバカ具合

    先週の記事で敢えて触れずにおいたヴィクター・ヴランにおけるギターの愛すべきアホさについて。

    まずギターを拾った時点で「え?」と思いました。思いますよね。その頃はまだマジなストーリーの最中だったこともあり、随所に溢れる謎のカボチャ推しに首を傾げていた程度で、まだこのゲームの正体を理解していなかったのですから。

    でも、実際にギターを手にとって敵に向かって演奏してみると、おかしい。敵が攻撃してきません。よく見ると各々手を振り上げて頭を激しく振っているではありませんか。そして頭上には「ヘドバン」の文字が。取説を見ると、それは「移動阻害」「出血」のような敵の状態異常の一種で、「音楽の奴隷となり攻撃できない」状態だそうです。

    なんだそりゃ!と思いながらも、凶暴な殺人鬼やねちっこい吸血鬼が「くそっ、攻撃しなければ!なのについノッてしまう!」と葛藤しているのを想像すると笑えます。しかも、各種雑魚キャラの全てにこの「ヘドバン」のアクションが用意されています。それにかかった膨大な労力と情熱は、どうでしょう。僕は深い感動を覚え、その瞬間僕の中でヴィクター・ヴランは「遊びやすいディアブロ風ゲーム」から「愛すべきおバカゲー」へと昇格したのでした。

    さすがにチャンピオン(エリート)とボスはヘドバンしません。まあ、攻撃できないボスじゃゲームにならないですもんね。でも音楽を解するであろう人型モンスターはもちろん、クモ、サソリから果ては原始的なオブジェクトである各種エレメントまでノッてくれてるのを目の前にするとウザくて発狂しそうだった過去をすっかり忘れ、かわいいヤツらに見えてくるから不思議です。

    ヴィクター・ヴラン:ギターでノリノリ!愛すべきおバカ(漫画)
    ガイコツがノる!セクシーネーちゃんがノる!クモが…


  • ヴィクター・ヴラン:ライトセイバー!かぼちゃトンカチ!武器楽しすぎ!

    ディアブロは悲願のグレートリフトレベル100を達成したし、新シーズンを待っている間に、と、ディアブロによく似た感じで遊びやすそうなヴィクター・ヴラン(Victor Vran)を始めました。

    ディアブロを参考にした、と、公言されているほどなので、本当によく似て「見えます。」が、遊び方はだいぶ違います。ディアブロがスキルや装備の構成を工夫して強い組み合わせを探していくのに対し、ヴィクター・ヴランは2つ装備できる武器を典型的には近接(単体)・遠隔(集団)と使い分け、個性豊かな武器の扱い方に習熟し、それに応じた立ち回りを練習していくことでプレイヤー自身が強くなっていきます。

    最初のうち、ディアブロのつもりでやるとイマイチ爽快感に欠ける感触なのですが、ひとたび武器の使い方を知って扱いに慣れてくると、突然強くなります。この時、装備は一切変えていないのに、自分の力だけで段違いの強さになることに感動しました。そう、このゲームは努力が報われるゲームです。

    もちろん、強い武器・自分に合った武器を拾う、というような運要素もありますが、レジェンド武器はどれも気前よく強力で多くの場合楽しい味付けがなされており、しかも自分のレベルと共に成長もします。必ず手に入るレジェンド武器も用意されているので、相当引きが悪くても大丈夫な親切設計です。

    防具は服一式を選ぶという単純な形式で、その服によって防御値はもちろん、デーモンパワーという必殺技のチャージ方法までも変わるので、自分が快適な戦い方を選べるようになっています。クリティカルや攻撃を盛ったり、クールダウンを縮めたりのような好みのビルドを作る楽しみももちろんあって、それはカードで行います。

    さらに、マルチでやると喧嘩にならないようにか、ドロップした武器やアイテムは全員の持ち物に入ります。ある程度近くにいればですが。こうした現場レベルの心配りといい、実用と楽しさを兼ね備えた武器の味付けといい、無駄なロゴを延々と見せたりしないスタート画面といい、ロードの速さといい、随所に見られる深いこだわりとユーモアといい、制作スタッフは、普段からゲームが好きでやり込んでいる人たちだと強く感じます。技術力も確かで、バグらしいバグもないし、動作は速く、クラッシュもせず、とてもしっかりしています。

    こんな良ゲーが、なぜあまり有名ではないのかというと、日本ではあまりウケそうにないヒゲおっさんが主人公だからなのか単なる広告不足なのか。そういえば予算ウハウハな感じはしませんが、声優の数やセリフの量、無駄なムービーをしぼって、その分大事なところに予算と時間をかけているようで好感が持てます。そういえば主人公の声はウィッチャー3のゲラルトの人だと思いますが、この役にもピッタリで、かっこいいです。

    よくセールになっていて2つの追加コンテンツがついて2000円もしないことが多いのにクリア後も自由に好きなところに出かけて各種のチャレンジに取り組んだり、時々落ちるバウンティや宝探しのをやったり、毎日変わる自動生成ダンジョンを含むエンドコンテンツに5つのマゾモードをオン・オフして技を磨いたりと、末長く遊べるようになっています。さらにローカル・オンライン両方のマルチにも対応しており、非常にお買い得、オススメです。

    では、サブローちゃんを誘って昨日拾ったトレジャーハントやってきます!(続く)

    ヴィクター・ヴラン紹介漫画
    武器の練習が報われると知ってドスンとハマりました