• タグ別アーカイブ: Unravel
  • Unravel2:1+1は5!2人プレイが容赦なく楽しい![漫画日記]

    「地球代表」に推すほど惚れ込んでいた不朽の名作Unravelの続編Unravel2が、またすごいのです。期待を裏切らない正統進化であるばかりか、操作するキャラが二人に増えたことで、一人で遊べばパズル的楽しさ、二人で遊べばチームワークの楽しさが強調され、また、2キャラいることで出来ることの幅が格段に増えてアクションの楽しさも期待以上の進化ぶりです。

    以前はおばあちゃんの家からつながっていた毛糸が、今度は二人の間をつないでいます。これによって、自分が相手の足場を支えたり、相手を軸にしてスイング・ジャンプをしたりと利便性が増す一方で、一人だけ通過できてもダメなので二人揃って通過するためには、と、頭をひねったり、ゲームとしての奥行きがとても深くなっています。

    お互いがお互いを必要とするパズルでは、目からウロコの柔軟なアイデアが惜しげもなく披露され、解法を思いついた時には、その発想自体に爆笑してしまったこともあるほどです。

    難所では相手におぶさるように一体化することもでき、お互いに得意な分野を任せあったりできるのも二人プレイの楽しさを際立たせていると感じました。二人でできること、とにかくいっぱいあるのですが、何よりも嬉しかったのは、高い足場からジャンプを失敗して落ちても、もう一人が足場にいてくれれば、毛糸をたぐって元に戻れること。ひとりじゃないことの喜びを深く噛みしめる瞬間です。

    たぐりよせるアクションや足場にいる方が手を貸すアクションなど、細やかなしぐさが丁寧に作り込んであるので、気がつけば思い切り感情移入しています。アクションとは別に手を振ったり、拍手したりのジェスチャーを自発的にできるようにしてあるところも、二人で楽しめるように労を厭わず配慮してあるところにスタッフの作品に対する愛情を感じます。

    苦手なアクションを補いあったり、意外なところが妙に上手だったり、逆に簡単なところが不思議と苦手だったり、一緒にカラスに追いかけられて結局つかまってしまっても、二人で遊んでいると、ただただ爆笑するしかありません。一気にクリアするともったいないので1日1ステージずつ大切に遊びましたが、毎日終わる頃には笑いすぎて涙が出ていたものでした。

    もちろん、一人でも遊べます。一人で遊ぶと一人ずつ操作したりまとめて動いたりと、パズル要素が強くなり、また別の楽しさがあります。

    もともと2000円くらいで、セールになるとよく値引きされていますので、夏休みの家族ゲームとして強く強くお薦めします。友情、愛情、家族の絆が深まること間違いありません。

    Unravel2:1+1は5!2人プレイが容赦なく楽しい![漫画日記]

  • Unravel紹介漫画: 地球代表ならこの1本・不朽の芸術作品

    Unravel。新しいゲームではないが、不朽の名作だと思うし、今も時々ふらりとあの世界に立ち寄っては癒されて帰ってくるので、この日記にもいつか書くつもりでいた。

    ゲームを始めると、そこは、どこかのおばあちゃんの家。古びてはいても、その古さは丁寧に手入れをされてきた、いい感じの古さだし、ちょっと置いたままのメモとか皿に出ているお菓子など生活感とぬくもりがある。北欧のオシャレな家なので既視感はないはずなのに、なぜか落ち着くし、黄色っぽい明かりのせいか懐かしい感じさえする。

    おばあちゃんが二階に上がる時に落とした毛糸玉から、毛糸をぐるぐる巻いたような人形が落ちて歩き出す。それが自分。部屋にある写真に入っていって、おばあちゃんの思い出をたどる旅をする。北欧の美しい自然の中を、毛糸を投げたり、物や足場に結んだり、たぐったり、するする落ちたりして、進んでいく。その過程は、パズルのようになっていることもあるが、ガチのパズルゲーム、というほどの難易度はない。普通に行けない時に手順を考える必要がある程度。

    Unravel: 地球代表ならこの1本・不朽の名作図版1
    冒険の拠点となるおばあちゃんち。いつ来ても落ち着くなあ。いい匂いしそう。

    アクションではあるが、あまり高度な指技は要求されない。もし、難しいと思ったら、やり方を間違えているかもしれない。漫画の中で僕が指摘されたように。物理計算が割とゆるめなので、間違えたまま、あるいは正しいやり方がわからないまま、何度もしつこくやることでゴリ押しでクリアできてしまう箇所もあるが、苦痛を伴うのでお勧めできない。キツイと感じたら周囲を今一度見直してみよう。見落としている物体やフックがあるかもしれない。

    Unravel: 地球代表ならこの1本・不朽の名作図版3
    裏庭。どの瞬間もプロの写真家の作品のように美しい

    旅する風景は、常に美しい。色々な生き物を見て追いかけてみたり、追いかけられてみたりしながら、進んでいく。物語の進行とともに、大自然とはいえない舞台に変わっていっても、一貫した美しさを決して失わない。音楽は生の弦楽四重奏で、穏やかな場面では心地よく、緊迫したシーンでは激しく熱く、印象的だ。

    Unravel: 地球代表ならこの1本・不朽の名作図版2
    ん、毛糸が足りない。ほどいてやり直さなくちゃ

    美術的な完成度、音楽、伝えようとしているメッセージ。全てが合わさって、一つの芸術作品となっている。芸術作品の常として、物語は暗くなっていくが、最後にちゃんと救いがあるところも全年齢対象にできる大事なポイントだ。初めてプレイした時は、辛くて悲しくて哀れで泣いて、その後じんわりと温かな涙が出てきた。

    ある日異星人がゲーム作品対決を挑んできたとして、僕が責任者ならこのUnravelを出すだろう。ホロウナイトは、もしかしたらエイリアンは指先があまり器用ではなくて白い宮殿で怒り出すかもしれないし、ポータルナイツは、何をしていいかわからないタイプだと困るし、ウィッチャー3はグウェンと推しすぎてそっちが本体と思われたら困るし、トリコは敵が異星の文化由来っぽいので喧嘩売っていると勘違いされるかもしれない。要するに、Unravelは人を選ばないだろうということだ。老若男女現在過去未来異星人、誰にでも自信を持って薦めることができる。

    もしまだプレイしていなかったら、amazonでも1800円とお手頃価格なので、ぜひ試してみてほしい。ちなみに続編のUnravel2も出ていて、これはまた別ジャンルの傑作になっているので、また近いうちに。

    Unravel紹介漫画: 地球代表ならこの1本・不朽の芸術作品
    色々間違えてたよ…