• タグ別アーカイブ: horizon
  • ホライゾン検証漫画:無礼な田舎娘かワイルドなヒロインか

    強大な権力を持つ太陽王に向かって、命を助けたとはいえ、いきなりの「おまえ」呼び。ぶぶぶぶ無礼者ー!ってならないのか?

    英語では子供に対しても大統領に向かっても等しくyouなので、それをどう訳すかは翻訳者の判断ということになります。なぜ数ある日本語の二人称の中でも、下手すれば失礼にもなる「おまえ」なのでしょう。しかも話者は女性です。生まれながらにして社会から追放されており、育ての親であるロストとしか喋らないまま成人したから礼儀知らずということでしょうか。

    そういえば敬称と親称の区別があるヨーロッパの言葉ではどうなってるのでしょう。唯一それなりにわかるドイツ語で見てみました。古い親称Ihrになってます。王はアーロイをduで呼んでいます。duはいつの時代にも一番馴れ馴れ…いえ、親しい呼称です。二人は会ったばかりなので、ここにある差は親しさよりも身分の上下関係です。Ihrの上があった時代もありますが、さすがに最高位以外の呼称で王様を呼ぶとは思えません。つまり、これは多分二人称がIhrとduに分かれたばかりの時代。とても昔です。ドイツ語の訳は、この時代の感じを出そうとしていると思われます。文化レベルが古代ですもんね。

    ところで二人称が分化する以前の古代語を扱う西洋の古典作品の邦訳はどうなっているかというと、原語に区別がなくても登場人物同士の関係性や脈絡から「あなた、君、私、僕、俺、おまえ」その他を使い分けて、自然に読めるようになっています。例えば古代ギリシア。知恵ある人として高名であったソクラテスに対して駆け出しの青年学者や良家の坊やが「おまえ」と呼んだら、ギョッとしませんか。そういう時、日本の古典学者さんは、ちゃんと「あなた」にしてくれています。日本語には二人称がたくさんあるので一対一対応にならないところに融通が利く反面、難しさがあり、また訳者の腕の見せ所ともなります。

    ただ、上記の古典文学は翻訳がなされたのも昔であること、ホライゾンは文学作品ではなくてゲームであることを考えると、一概におかしい、とは言い切れないかもしれません。言葉は生き物であって、現在話している人たちが今後を変えていくからです。「出れる」「重複」のような誤りでさえ、皆で間違えば正しくなります。

    ディアブロの主人公も天使長に向かって「おまえ」と言います。女性でも、です。ただ、この天使長は感じが悪く、この会話もおよそ友好的とは言えない内容の会話であり、加えて主人公はどの職業でもむしろ非常識であった方がふさわしいような突き抜けた人物像なので、おかしいとは感じませんでした。そのように感じたのは僕の感じ方なので、王に対しても「おまえ」と言い放つアーロイの方がいい、と感じる人もいるのかもしれません。

    以上を踏まえても、とりあえずドイツ語を喋るアーロイが身分の違いをわきまえていることには、正直ほっとしました。

    ホライゾン検証漫画:無礼な田舎娘かワイルドなヒロインか
    俺様キャラじゃないんだからさ〜

  • ホライゾン漫画日記:そりゃないぜジョー!

    洋ゲーの吹き替えというと、いつも同じような人たちによる同じような演技で学芸会みたいな感じがするので可能な限り英語音声で遊んでいます。もちろん、聴き取りは実用性からは程遠いので日本語字幕。そしてすれ違いの悲劇が起きたのです。そう、サンダージョー。

    「ジョー」っていうと名前と思うじゃありませんか!

    はい、その通りです。アクセントが頭にあるから普通名詞だってわかるはずなんですね。発音も違うんですよね。顎はジョウですもんね。聞き分けられませんからね。

    あー!どうすんだよ!ずっと「雷を連れてヤツがくるぜ!」みたいな感じでやってたのに!恥ずかしいなあもう!

    それにしてもアクセントのこととかサブローちゃんに指導されてしまうと、文系理系で棲み分けていたのに、ただの劣った人って感じでダブルつれー!

    しかし、サンダージョーほどの強敵を「何なら一緒に狩る?」なんてサラリと言ってのけて、実際に来てくれるヴァージャ姉貴かっけー!「とってこい」系のサブイベントが世の中に溢れているから新鮮でもありました。

    ホライゾン漫画日記:そりゃないぜジョー!
    ああ、恥ずかしい

  • ホライゾン漫画日記:主人公美人化の謎

    漫画では茶化して描いてますが、主人公アーロイは本当に魅力的です。ヒロインが話の進行と共に内面的に成長して美しくなっていく、というのは洋画の手法としては普通にあるので、アーロイも化粧や表情、もしかしたら頭部のパーツも変わっていってるかもしれません。が、容姿よりも強く気高い性格が一番の魅力なので、実はあまり重要ではなかったりします。

    とはいえ、変貌の仕組みが気になるので普通のNew GameとNew Game+の同じシーンを比べてみました。画像加工ソフトのレイヤー機能で全く同じ位置で入れ替えてみると、顔は変わっていないのがわかり、ビックリです。感情移入している今となっては上のアーロイも彼女らしい意志の強さが感じられて好きですが、やはり下の方が美人に見えます。髪型って大事ですねえ。サザエさんも髪型を変えれば…タイコさんになるだけか。

    アーロイbefore
    初回のアーロイ
    後半のアーロイ
    美人でニューゲーム?のアーロイ
    ホライゾン漫画日記:主人公美人化の謎
    髪型って大事なんですねえ

  • ホライゾン漫画日記:没入できる圧巻の物語

    世界中で1000万本も売れた空前のヒット作なので今さらかもしれませんが、日ごろ文句の多い僕も文句のつけどころがありません。

    ジャンルとしてはオープンワールドアクションRPG。戦闘が楽しい、画面が美しい、登場人物は脇役まで個性的で表情もすごい。何より話が面白くて、ぐいぐい引き込まれていくのがわかります。

    サイドクエストも一つ一つが楽しくて中だるみを許さず、適度なチャレンジはあってもストレスはなく、常に意表を突かれ続けて開始から怒涛のエンディングまで夢中になったまま。

    最近「敢えて語らない系」のゲームが続いていて不完全燃焼気味だったので、きっちりと伏線が回収されていき、最後に全てのピースが収まる見事なストーリーに圧倒されると同時に感激しました。

    どうしてこんな傑作を今まで耳にしたこともなかったのか不思議です。僕のアンテナ、ぼろっちいんでしょうか。記憶をたどるとパケ絵が正統派すぎてついスルーしていたような気がします。でも、おかげで追加コンテンツ付き70%引きで1900円くらいで買えました。よくセールで安くなっているので、未体験の方はぜひ!

    SF苦手でも素朴な生活を送る主人公と一緒に少しずつ自分で発見し、推理しながら知っていくので大丈夫です。とにかく話が素晴らしいので、できるだけ予備知識なしで始められることを強くお勧めします。自分が行きがかり上そうしたおかげで本当に楽しかったので。

    相当なお金と時間がかかっていることは明白ですが、資金を意味のあるところに使い、それだけの大所帯をしっかり束ねて芯の通った作品として結果を出すことは容易ではないでしょう。お金があればいいゲームになるわけではないことは例を挙げればキリがありません。

    毎日コース料理を食べていたらお茶漬けが恋しくなるように、いろいろな規模のゲームがあっていいし、あって欲しいと思いますが、偏見と差別といった難しいテーマにも真っ向から挑んでいる、表現手段としても目を見張るこの作品は豪華な方の一つの到達点ではないでしょうか。

    続編の制作も進んでいるようで、とても楽しみです。戦闘システムが楽しく伸び代がたくさんあるので、それまでは強くてニューゲームで初回よりも華麗に戦えるようになっておかなくちゃ。

    ホライゾン漫画日記:没入できる圧巻の物語