• タグ別アーカイブ: 水晶山
  • 水晶山のケチケチトラップ[ホロウナイト]

    ルマバエのランタン1800ジオ。高い。200ジオのコンパスを買うのにもヒーヒー言ってる最序盤からこの値段で陳列されているから恐れ入る。街のじーちゃんが、店主の「がめつさ」について忠告してくれていたもんね。

    ランタンを買うと暗いエリアで手元が光っていい感じなんだけど、もしかして、それだけ?もしかして、無くてもそれなりに見える?もしかしてジオの亡者スライに騙されてる?

    ってことで、敢えての無灯火運転で行ってみた、水晶山に。結果は漫画の通り。昔のゲームのように「真っ暗だ!進めない」と追い返されることはないので、暗くても手探りで進むことはできる。安全な道なら、それでもいい。だが、現実は甘くない。トゲだらけの障害コースでも容赦なく暗黒なのだった。安息の地への道のりは、そう長くはなく、何度も通って大体の足場の位置は覚えていると思っていたけど、まるでダメ。

    それでは、と、ランタンを買いに行こうと思えば、出られない。ケチって交差路から鉱山に入る有料入り口を開けていないからだ。いつも鉱山から出る時は安息の地に落ちるか、ずっと後にスーパーダッシュを取って飛び出すかの二択だったから使わなかったんだよ、この入り口。途中で出入りするためにあるんだな。無駄を省いたと思ったのに。入る時は破壊のダイブを使ってかなりの高さから落ちたため、二段ジャンプなしでは戻れない。

    詰んだ、と思った。データを消して出直すしかない、と。最初からやり直すのは好きだけど、これからって時にやり直すのは、さすがにヤダ。だから、サブローちゃんの案に乗っかってスーパーダッシュを目指す方針に切り替えた。かなりの遠回り。いつも2段階まで釘を強化して通る場所なので敵がいちいち硬くてつらい。やっつけたと思って攻撃を止めると反撃されていたりする。

    途中で真っ暗になる場所があったら終了だ。それまでの苦労は水の泡。かなりハラハラしたが、結局水晶の心臓に至るまで、暗黒地帯は存在しなかった。ついにスーパーダッシュを手にした時、水晶のエンジンの鼓動に動機するように胸が高鳴り、本当に嬉しかった。

    ホロウナイトはオープンワールドなのだから、攻略の順序もルートもユーザーに委ねられている。表向きはそのはずでも制約が多くて事実上1本道のゲームが珍しくない中で、今回のようにデタラメなことをやってもゲームの進行に問題がないことに改めて感動した。初期にはバグもいろいろとあったらしいが、開発者とユーザー、投資者さえもが一部重複しあうほどの近さにあったのが良い方向に作用して、バグその他の不具合は早めに摘み取られているようだ。

    しかし、実際に安息の地に行くより先に水晶の心臓を回収してみると、釘の強さが必要なのはボスのエゴイ虫くらいのものだとわかった。高価なランタンが必要ないこと、ボスはスルーしても問題ないことを考えると、水晶山の想定された攻略順序は実は心臓(スーパーダッシュ)が先なのかもしれない。

    だが、スーパーダッシュを取ったらその足で風鳴りの崖に行ってグリムを呼んだり、ささやきの根のエッセンスを回収したり、ジョニの祝福をもらったり(要ランタン)と、ついでにやりたいことがたくさんある。無駄を省きたいなら、安息の地を先に訪れて釘の強化はともかく、夢見の釘を入手しておくのがよさそうだ。

    駅に向かういつもの道をちょっと変えてみるだけでも新鮮な発見があるように、いつものルートをちょっと外れるだけで、実にアツい冒険となった。釘の弱さを腕でカバーするパワールート、とにかくジオを貯めて壊れぬ力の最短入手を目指すゴリ押しルート、スロット拡大を最優先にして七色のチャームで攻めるチャームマスターコースなど、自分なりのテーマを決めて周回するとオープンワールドならではの自由さを満喫できる。かなり変なことをしても破綻しないとわかったので、ますます無茶できそうで楽しみだ。

    水晶山のケチケチトラップ(漫画)
    1800ジオはダテではなかったようです…

  • 水晶山のジコチュー野郎[ホロウナイト]

    いいよね、水晶山。キツイけど。最初手順わからなくてカマキリの爪なしで行ったら悲しいほど辛かったけど。

    BGMもいい。カンテラの心細い灯りでぼうっと照らされた暗い道や奥のベンチでは伴奏のない繊細なメロディだけになり、鉱山操業中のエリアでは伴奏がつき、ボスやトラップゾーンなどの難所ではエキゾチックな打楽器がどんどこ鳴り響いて盛り上げてくれる。おかげさまで緊張してたくさん失敗する。難所だからそれでいいんだ。なんて効果的なBGMだろう!

    ちなみに、この長い長いルートは、各地にあるレバーを操作して通行止めを解除していけば、もっとずっと楽に行けるようになる。そういったソツのない設計は、ユーザーを敵と勘違いしている一部の困ったクリエイターによる拷問ゲーとは明らかな違いがある。

    さてエゴイムシ。なぜか攻略法がネットにないなー、とは思った。我ながら恥ずかしい。ほら、全部カタカナだと視認性が落ちるって言うし、現にベンチを占領している態度がね。好感度の高いクイレルさんはもちろん、空気読めないっぽいブレッタちゃんでさえ端に詰めて座ってくれるってのに。あ、でもそれは「白い救世主」に隣に座って欲しいからで、それはまた別のエゴさかもしれない。だが少なくとも迷惑行為ではない。

    とにかく、だ。奴はデーンと真ん中に座って、物欲しそうに近づいてみても知らんぷり。地図にしっかり表示されているベンチになぜ座れないのか、しばらく理解に苦しんだ。あの態度がエゴくないなら、エゴい奴をついぞ知らない。

    そしてこのエゴいゴエイムシが苦手だ。こいつは1回倒すと上に逃げ、二段跳びで追うとパワーアップした状態で再戦を挑まれる。ただ、1回目を倒しても手に入るのはベンチの使用権だけ、2回目は仮面のかけらなので、クリアに必須というわけでもない。釘を4回鍛えて、壊れぬ力までつければ、さすがに1段階目は楽に倒せるが、その頃にはスーパーダッシュは持っているので必要でもない。

    そして奥のは倒せない。天井から降ってくるレーザーもエゴ野郎が打ってくるレーザーも2ダメージで、すぐやられる。しかも倒れると、ノスクの時のようにマイ影が戦場に捉われる形になる。そうなると放棄すると無一文になるし、再挑戦するにしても、まず急いで影と戦ってからボス、という流れになる。

    正直つらい。それで何周してもスルーしていた。その腰抜けぶりをサブローちゃんに見つかるまでは。

    『反射神経マイナスからのゴエイムシ退治』に続く

    水晶山のジコチュー野郎(漫画)
    エゴいヤツだよ、本当に

  • キレ過ぎキケン!逆襲・憤怒のゴエイムシ![ホロウナイト]

    エゴイ虫とのベンチを巡るアツイ戦いから、統治者の翼を入手してから仮面のカケラを賭けての再戦までは、最短でも結構間がある。戦い方を忘れるに十分な間が。

    そして出てきた久しぶりのエゴイ虫!怒りのあまりレーザーが、さらに野太く、黄色くなりました!もちろんダメージ2倍!おまけに、今だけ特別にレーザーの起動も従来品より速くなっております。わーオトク!

    じゃなくて、いてえええええええ!

    何をやっても2ダメージなので、あっという間に勝負がつく、まさに門前払いの戦死を繰り返していると、どこからともなく「壁」の声が。軍師サブローちゃんだ。そうだった。ビビってすっかり忘れてた。てか、上の会場にも壁あるのか?→あった。なぜこう慌てると(以下略

    早速壁をぴょんぴょん作戦開始。あとは漫画に描いた通り。すげー怒ってるせいか、メチャクチャ迫ってくる。そんなに接近されたら、なんとかレーザーを避けて落ちても下突きが通らないヤツのヘルメットで2ダメージ喰らうのでは、と不安に思いながらも必死で壁に逃げる。

    何かがおかしい。吠えてる声はするが、レーザーが一向に来ないのだ。さすがに変に思ってずり落ちていくと、ヤツはいた。すぐそこに、見当違いの方向・後方の地面にレーザーをバリバリ照射しながら。

    エラーな感じがしたが、こっちも必死なので遠慮なくボコボコに殴らせていただいた。一旦遠くに跳び去っても、何しろ憤怒しているせいか、すぐに接近してくるのでまたタコ殴りで勝利。当初絶望的に見えた戦いは、あっけない幕切れを迎えたのだった。

    やっぱダメだね、人だろうと虫だろうと冷静じゃないと。慌てて壁が見えなくなる自分に言われたくないだろうけど。

    後方を攻撃してしまうこと自体は明らかなエラーっぽいので今後修正される可能性はあるが、壁を使うこと自体は想定内であるようでよかった。

    神の家に確認にしに行ったところ、しっかり壁があった。気づいていなかった安定のフシアナ。上部にあるえげつない水晶のトゲによって範囲は狭められているものの、気をつければまだ壁を使った戦い方もできる。まあ、勢い余って水晶にブシュー!となりそうなのでやめとくけど。

    エゴイ虫三部作:完

    逆襲!憤怒のゴエイムシ(漫画)
    怒りすぎて不利になってるじゃん!こうはなりたくないですね

  • 反射神経マイナスからのゴエイムシ退治[ホロウナイト]

    エゴイ虫の攻略ってあまり出回っていないので、多くの人は大した問題もなくサックリやっつけているんだろう。羨ましいですのう。

    でも、中にはそんなにアクション得意じゃないけど、このゲームのキャラや雰囲気が好きで先が見たい、という自分のようなプレイヤーもいるかもしれないので、恥を忍んで凡人のボス攻略記録を書き残しておこうと思う。

    正攻法としては、天井からの柱状のビームに接触しないように注意しながら隣接して攻撃、敵がシャウトしてレーザー照射を開始したら、まだレーザーが糸のように細い間にジャンプしてかわす、あるいはジャンプ+ダッシュで後方に回り込んで攻撃。

    二重跳びを覚えるまでは、早くジャンプし過ぎて落ちる時に太くなったレーザーにヒットしそうなんだが、レーザーの起動が早いので、糸が見えたら即跳んで、早すぎるということはない。

    それから、必ず狙って撃ってくるので、紙一重で当たらない感じがしても、必ず当たるので、回避動作を取らずに済むことはないと考えた方がよい。敵の狙いが正確ということは、現在地以外は安全ということで避けやすくもある。

    と、頭ではわかっていても、なんか間に合わなくてね。ジャンプがね。エゴイ虫に対する苦手感も手伝って、なんか待ってしまう。いや、単に反応速度が遅いだけかもしれない。

    それで苦戦していたところ、サブローちゃんのアドバイスで壁をぴょんぴょんズリズリしながら待ってみた。すると、糸が見えたら「ジャンプ」ではなく「落ちる」ならジャンプのように調整が不要なためか自分にもできるとわかり、初めてゴリ押し以外で勝てた。嬉しかった。

    そう、エゴい虫の戦場には壁があった。必死すぎて指摘されるまで気づかなかった。こういうフシアナさがツライ。どうしてこうも、慌てると何も見えなくなるんだろう。

    殴りでゴリ押しするならヒットポイント底上げか、繊細な力を使用。スロットに余裕があれば両方とか、固い殻も。繊細シリーズは負けてチャームが壊れるたびに買い直していると破産する。USBメモリなどにセーブして、負けたらリロードするとよい。一周目は恥ずかしながら敵の攻撃が激化する断末魔は大体これで押し切った。

    力で押しきれなかったのは数で押してくる監視塔の騎士連中だが、あいつらについてもいずれ書こうと思う。あれ本当に困ったから。世間の皆さんは上手で「避けながら隙を見て攻撃してソウルを貯める」とか、まあその通りなんだけど、それができないんです!というね。中には古い情報もあるし(修正が入って当時とは条件が違う)、動画を見ても「おー!うまいなあ!」とは思うけど、レベルが違い過ぎてあまり参考にならなかった。

    次回予告:『キレ過ぎキケン!逆襲のゴエイムシ!』

    ゴエイムシ退治(漫画)
    今も気持的にはかなーり苦手