• タグ別アーカイブ: 新型コロナ
  • ゲームパッド高騰!問われる自由市場のモラル[漫画]

    その日もハマるべくしてハマったスカイリムを夢中でプレイしていたのです。

    メインシナリオをクリアしても延々その世界に「住んで」いいし、無限に発生するクエストもあるし、洞窟は掃討してもしばらくすると悪党がまた金目の物を持ち込んで住み着くし、自分のレベルが上がるに伴って敵も強くなるので飽きません。

    敵が強くなると言ってもヘタレな僕は難易度イージーなのでちょっとヒヤッとする程度のほどよいスパイスです。と、思っていたら突然心理攻撃を仕掛けてくる強敵が。あり得ません。カメラが空を向いたままグルグルまわって、これではエイムできないので一切攻撃できません。

    「何を言っているのかわからねーと思うが…」は最近やったので繰り返しませんが、本当に何が起きているのかわかりませんでした。各コンテンツのラスボスもイージーでぬるく倒してきた僕はスカイリムの戦闘において初めて激しく動揺しました。どうやって勝つんだこんなの。そう思うじゃないですか。絶望です。 

    ゲームパッド高騰!問われる自由市場のモラル[漫画]1
    卑怯者め!これじゃ攻撃できないよー

    故障?そんなバカな。温厚な僕は怒ってコントローラーを投げたり踏んだりはもちろんのこと、うっかり水をかけたことさえありません。えっ、当たり前?じゃあなぜ?

    ゲームパッド高騰!問われる自由市場のモラル[漫画]2
    怒ってパッド叩きつけて壊した人が身近にいたものですから…

    新しいのが届くまではサブローちゃんのを貸してくれることになりましたが、急いで買わなければなりません。サブローちゃんのも純正ですがオシャレなブルーです。ん?何か親指に違和感が。

    ゲームパッド高騰!問われる自由市場のモラル[漫画]3
    うひひひ、左親指の腹がこそばい

    サブローちゃんのキノコスティックにだけ高級なカバーついてるのかと一瞬ヒガんだら同じものですと?でも見た目も全然違うんですが?

    ゲームパッド高騰!問われる自由市場のモラル[漫画]4
    まるで別の製品です…

    そういえばPS4本体のスタンド兼パッド充電器を買ったらオマケに2組ついてきたのでした、キノコスティックにつけるゴムカバー。すっかり忘れてました。絵では説得力がイマイチでしょうから写真を載せます。

    やりすぎたパッドと常識的な使用のパッド比較
    左右のキノコスティックに注目。右の僕のはなんか光ってます

    青いのがサブローちゃんので、黒いのが僕の。どうです、この違い。サブローちゃんだって毎日一緒にヴィクター・ヴランの砕けた世界をやっているのに、この違い。これを見て、僕はゲームやりすぎなのかなーって少しだけ思いました。少しだけ。そ、そんだけコロナ蔓延防止に協力しているってことで…それ以前からこの状態だという気がしないでもないけど。

    さて、それはそれとして、 新しいパッドを買わなければなりません。スカイリムはサブローちゃんのを借りればいいですが親指がくすぐったいし、だましだましやっているヴィクター・ヴランも時々動きが怪しくなるからです。

    そしてネットを調べたら、なんということでしょう。PS4のコントローラーが品不足で高騰しているではありませんか。僕のは本体についていましたが、サブローちゃんのは2つ目なのでコントローラーだけ買いましたが、確か5000円しなかったはず。今は2倍になってます。

    ゲームパッド高騰!問われる自由市場のモラル[漫画]5
    スイッチもずっと買えないしさー

    日本人が真面目に外出自粛して家族用にコントローラー買い足したりした結果だと思うのですが、その特需に便乗して値上げとは、なんという浅ましさでしょう。自粛応援のために安くしろとか政府が配れとまでは言いませんが、マスク転売といい、恥ずかしくないんでしょうか。

    緊急事態宣言下での不自由な期間は、コストのかかるオペラを無料配信したオペラ座あり、人気のある本を無料公開した出版社があったりと高潔な判断が見られた一方でえげつない値上げも横行したりと、人や社会の品性を暴く試金石としての側面も見られましたが、まだまだそれは続いているようです。

    ちょっと調べると、ソニーの純正品のように見えても怪しい業者から買うと高い上に日本製でないためソニーのサポートが受けられなかったりする製品も混じっているというではありませんか。高いだけでなく劣るのです。絶対にこんな業者に屈してはなりません。

    とはいえ、ゲームはやめたくありませんので何とかしなくちゃいけません。 つづく

    ゲームパッド高騰!問われる自由市場のモラル[漫画]6

  • コロナ禍のゲーマー心得[漫画]

    ずっと全国最多であった東京でも1日の新規感染者が一桁の日が続き、急速に収束に向かうかに見えた新型コロナ。ここに来て東京の感染者が再び二桁となり、ずっと静かだった北九州には突如クラスターが。

    緊急態勢宣言下で息を殺しながら今か今かと嵐が過ぎるのを待っていたら、このぶりかえし。誰でもガックリきますよね。でも、ワクチンを作ることが可能としてもそれができるまでは、きっとこれが続くのです。どうしたらいいんでしょう。そんな時はゲームです!

    外国から笑われ揶揄されていたマスク好きや抗菌製品好きの潔癖性、洗濯物も布団も外に干す太陽信仰や家で靴を脱ぐ習慣など、どれが幸いしたのか、どれも関係ないのか、どれもが少しずつ関係しているのか誰にもわかりませんが、日本で異例の収束を見せていても現代社会で鎖国もできない以上、外国からの流入を完全には止められません。冬になれば菌が好むとされる乾燥した低温の大気でまた勢いを吹き返すことは止められないかもしれません。

    こんな時だからこそゲームです。それも、時間潰しではなく、心から楽しむのです。

    だって、新型コロナの怖さにはいろいろありますが、感染しても無症状の人が多いため、本人が知らない間にばらまいてしまう危険があることが困るのですよね。なので、外出自粛の呼びかけが終わっても、外出しないのが自分はもちろん、他人も社会をも守るための最善策であることは今後も変わりません

    そこでゲームです。後ろめたく感じる必要はありません。そりゃ、この機会に勉強したり資格とったりできたら有意義だし立派ですが、そんな気持ちになれない自分を責めるのはやめませんか。だって「本当は勉強したj方が…」なんて考えながらでは楽しくありません。そして、ストレスになります。

    ストレスがたまると免疫が下がります。そして感染しやすくなります。コロナ対策としてダメです。もちろん風邪をひいてもダメです。普通の風邪でも治すために体は免疫力を消費して、しばらく免疫が低い状態が続くからです。

    どこかの修道院のモットー「働け、祈れ」じゃありませんが、「働け、こもれ」と捉えるとツライのです。家で遊びましょう。それも、美味しいものを食べて、適度に体を動かし、熱中しても夜はしっかり寝て、免疫力を高く保ちながら、ぬくぬくと遊ぶのです。

    仕事で出なければならない人以外は、それでは全員籠り続ければいいのかというと、それが無理な人たちがいます。人類の中には一定数、外に出ないと発狂する人たちがいるんだそうです。厳寒の冬、雪のために外に出られずメンタルを病むことはキャビン・フィーバーという精神医学用語になっているほど一般的な症状なのだとか。

    日本は気候が穏やかなのでこれまで顕在化していませんが、日本人の中にもある程度存在することは想像に難くありません。そういう人たちは感染がある程度おさまったら外に出してあげなければならないと思います。本人たちにもどうしようもないんでしょうから。

    そのためにも、インドア趣味の僕たちは家で楽しくゲームです。外にいる人が少しでも少ないほど感染のリスクが減るのですから、立派な社会貢献なのです。なんて立派な僕たちでしょう!

    楽しくゲームと言いました。そうです。楽しくなければいけません。免疫力を高く保つためです。だから積極的に新しいゲームや大作、名作にチャレンジして思い切り楽しみましょう。僕のオススメは、このブログをご覧ください。ほとんどが気に入ったゲームの紹介です。ススメていないのはレフトアライブくらいです。

    僕は末長く外に出たくならないようにハマると深いとの誉れ(?)高いスカイリムを始めることにしました。老舗ながらクセが強くて好き嫌いが分かれると言われるベセスダのゲームはこれまで縁が無かったのですが、「長く遊んだゲーム」として必ず名前が挙がる鉄板でもあります。大きくはずす可能性も覚悟して飛び込んだところ、楽しいです。確かに雑なところもありクセがとても強いですが、それもコミで楽しいです。

    特定の行動を繰り返すと習熟していくという、古き良きテーブルトークRPGのシステムがいいです。特に鍵開けが。スカイリムについては長くなるのでまた今度。

    コロナ禍のゲーマー心得[漫画]