• タグ別アーカイブ: モンハン
  • トロフィー獲得率に見るモンハンワールドの問題点[グラフ]

    アイスボーン出たことですし、トロフィーの獲得率でモンハンワールドのユーザー像を考えてみます。

    一部の隠しトロフィーは取らないと見えないので、僕自身が持っているものと、持っていなくても見えるものに限られますが、流れがわかる主なトロフィーに限ると、以下のようになりました。

    読み解くまでもなく、決定的に大きなギャップが目につきます。ストーリークリア率の高さと、その後のやり込み要素の落ち込みの間の大きな溝です。モンハンシリーズの中では難易度が低いとはいえ、一応のエンディングを見ているユーザーの率は、かなり高めです。これは、マルチプレイでベテランが助けてくれることで、初心者にとって難易度が障害にならないためもあるでしょう。でも、その後が続かない。なぜでしょう。

    モンハンワールドはそれぞれの武器に奥行きがあって練習のしがいがあり、ストーリーをクリアするだけで終わりではもったいないゲームだと思います。下手くそでも練習を続ければ上手くなっていくし、このゲームの醍醐味はそこにあるとは思うんですが、いかんせんロードは長いし雑用も多くて時間の割に正味練習している時間は少なく、続けるのが割と苦行です。

    下手なのに特訓好きをもって任じる僕でさえそうなので、かなりのものです。オンゲなのでストーリーを進めるうちに気の合う仲間が見つかれば、何をやっても楽しく、無理なく続けられるでしょうが、それが結局のところ難しいのだと思います。対人関係ですから。

    モンスターの強さの段階が荒く、自分に合ったレベルで楽しむのが難しいのと、それに応じた装備の段階が少ないのも問題かもしれません。しかもその後のステップアップは珠集め、龍脈石集め、マム武器集めのガチャ方式になっていて、これが当たらない。珠は当たりが少ないために普通のものが集まった後は果てしないマゾガチャになり、龍脈石も全武器が出るので当たりづらく、龍脈石が必要なレベルのユーザーの心を積極的に折ってきます。

    ディアブロ3を始めてから振り返るとモンハンワールドは良く言えばストイック、悪く言えばとてもマゾいと感じます。ディアブロでは違う職業の装備が落ちてもつまらないので、ほとんどの場合には使える装備が出るように改善されたんだそうです。たまに装備できないものが出るとびっくりするくらいです。龍脈石やマム武器もそうした配慮はほしいところです。

    この他にもディアブロの方は随所に利便性が追求されており、ユーザーが余計なストレスを感じずに「楽しめる」ように注意深く設計・調整されているのを強く感じます。「終わったけど、楽しくてやめられない」これがこれまでのモンハンワールドにとても不足していたことは、僕一人の感想ではなく、データが饒舌に語っています。

    それでも精進を続けて頑張る人はいるし、カンスト勢も決して珍しくはないですが、ランク100にたどりつく人が15.3%しかいないというのは、いい素材が揃っていてポテンシャルのある良ゲーなのに残念でなりません。僕は完全ぼっちですが160と60の2キャラ育てました。扱える武器を増やすために練習するのは楽しかったですが、その先にあるものがマルチ前提のマム武器しかなかったので足が遠のいています。その溝をアイスボーンのマスタークラスが埋めてくれるといいな。「やめられなくなっちゃうような何か」も加わると、もっといいな。ロードはPS5になってSSD装備になるまで長くなる一方でしょうけど。

    トロフィー獲得率に見るモンハンワールドの問題点[グラフ]


  • モンハンワールド漫画日記:ドドちゃん

    そんなドドちゃんでも、初見では普通に突進が怖くてビクビクしながら狩ったものでした。今はかわいくて、できるだけ攻撃したくありません。バウンティ消化のためであっても捕獲に努めます。捕まえて拠点に連れてくると寝てるところが見られるし…

    どんな相手も、慣れるに従って

    初めての敵・怖い→特徴わからない・強い→弱点、行動わかる・安定→ちょろい・かわいそう

    と変化していくのは、未知の土地で未知の生物に体当たりで挑んで攻略していくというこのゲームの性質上自然なことかもしれません。長い間詰まったネルギガンテさえも、脅威でなくなった今となっては、機嫌よくローリングしていると攻撃するのがかわいそうになります。

    思えば、初めて龍結晶の地へ降りて、炎や爆発に怯えながら鉱脈掘っていた頃がドキドキして楽しかったかもしれません。ビクビクしながら火竜の卵を盗んだり。

    モンハンワールド漫画日記:ドドちゃん
    リオレイアのイビキがうるさくてちょっとゲンメツぅ…


  • シルクソングに向けてリハビリ中[漫画日記]

    さてモンハンワールドですが。任務が終わり、今後は歴戦個体を狩って装備を整えながら更なる強敵に備える段階にさしかかったようです。ですが、この装備強化、中でも武器強化のハードルが異様に高いです。狩りそのものが難しい、というならムキになってパンドラ闘技場をやったように特訓してもいいんですが、要するに三重、いや、四重抽選のガチャになっちゃってます。はあ〜、だるい。

    ソシャゲの悪質ガチャと違って無料ですから、絞ったところでカプコンさんは直接的には儲かりません。末長く遊べるようにつけてくれたオマケみたいなものなんでしょう。そう、期待しなければいいんです。そうはいってもハズレが続くと砂を噛んだような気持ちになってくるので、そんな時は一旦離れるのがよかろう、ということでシルクソングに備えてホロウナイトのリハビリをはじめました。スイッチ持っていないのでせっかくのデモができないものですから…。シルクソングがPS4で出ないならこの機会にスイッチの購入も検討しますが、そこがハッキリするまでは練習しながら待つしかありません。

    久々のホロウナイトは、結構覚えていたり、結構忘れていたり、以前苦手だったところがサクッとできたり、気づけば違うやり方をしていたり、負けたことのないゴーブに負けたりと、新鮮な驚きに満ちています。それにしてもダートマウスを久々に訪れて、交差路をさまよい、ようやく都に着いてチェロのソロが始まったら泣きそうになりました。つくづく、音楽って大事です。空気が濁るも澄み渡るも音楽次第なところあります。

    そうでした。モンハンワールドは何が残念って音楽が残念です。一度、ウィッチャーのコラボクエストをやったところ、その間だけウィッチャーの音楽になったのです。すると、いつもの森が神秘的に見えて、ようやく気づきました。いつもの音楽ヤダ!と。それきり元に戻れなくて音楽はOFFにして遊んでいるほどです。敵の出現や戦意喪失が分かるので音楽があった方が便利なのですが、それでも無い方がいいなんてまずいでしょ。夏休みに来るアステラ祭は楽しみです。ホライゾンコラボの機械獣にゃんこ装備を狙うチャーンス!

    シルクソングに向けてリハビリ中[漫画日記]

  • モンハンワールド:立ち回りダメダメ双剣でもパンドラ闘技場クリアできる手順

    アイスボーンβ版試してみました。小型モンスターに乗っての移動が速くて逃げる大型獣に追いつくし、追跡しながら調合したり武器を研いだりできるのが嬉しい。抜刀中にスリンガー使えるのが大きい。

    期待したクラッチ(=飛びつき)機能もすごい。近接武器なので大股で走り回る恐竜を追い回してヘトヘトですからね。1発でビュンと跳びつけるのは爽快です。とはいえ練習用の荷車には圧勝でも、現場では叩き落とされて却って大怪我ばかり。安全に飛びつけるタイミングや間合いがわかるまで熟練が必要なようです。

    さて、アイスボーンはセーブできないので体験クエストをやって「このように下手なユーザーもいますのでお手柔らかにお願いします」という貴重な戦闘記録を残したら、元の世界に戻ります。いい加減な装備で適当にやっていたらネルギガンテで行き詰まって諦めそうになりましたが、装備のスキルが重要であることや練習で成果が上がることなど、ようやく遊び方がわかってからは割と楽しく順調に進むようになりました。

    パンドラ闘技場とは

    そこへ次なる挫折、パンドラ闘技場です。何がツライって、15分しかないのがツライ。お世辞にも立ち回りがうまいとは言えず、使える武器は初心者向けということで選んだリーチが短くガードのできない双剣のみ。いつもは被弾したら遠くに逃げて回復しているので狩りに時間がかかるのに、15分。頑張っても頑張っても時間切れ。もうやだ。でも転身の装衣ほしい。

    上達の見込みは薄いので何か抜け道は?

    そこで「血のにじむような努力をして上手くなろう!」と思うほど自分に期待していないので、何か抜け道はないかなどと考えます。いろいろ足掻いていたところ、闘技場の設備を使い倒したらあっさりクリア。世の中に上手な動画は数あれど、立ち回りが残念な近接武器向けの情報はあまり無い。今さらかもしれませんが今なおパンドラは時々SOSも出ているようなので、この唐突に過酷な任務に絶望している同志のお役に立てればと手順を書き残しておくことにしました。

    ただし、初回はナナがこちらに気づいている状態からのスタートなので隠れ身からの大砲ブッパはできないように思います。2回目以降はナナが上段を暇そうに行ったり来たりしているので、あらかじめ隠れ身の装衣をかぶっておくことで安全に大砲を使えます。姿が見えなくても大砲が動いたり弾が移動する様子は見えると思うんですけど、まあ気づかれたら困るのでよし。

    実際に使った装備

    装備は以下のとおり。
    全てカスタム強化なしです。

    • 武器:残滅の爪(ネルギガンテの双剣)
    • 頭:クシャナアンクβ
    • 腕:パルノスマントβ
    • 胴:クシャナハトゥーβ
    • 腰:ダマスクコイルβ
    • 脚:クシャナペイルβ
    • 装衣:隠れ身+耐熱
    • 装飾品:耐火3・防御5・早食い1・攻撃1(防御は足りなくて錬金で作りました)

    発動スキル

    発動スキルは以下のとおり。パルノスマントの熱ダメージ無効があると10分で切れるクーラードリンクを気にしなくて済むので気が楽です。爆破無効も入れたかったですが風圧無効の制約がキツくて無理でした。

    防御5
    体力3
    火耐性3
    氷属性攻撃強化2
    回避性能2
    回避距離UP2
    熱ダメージ無効1
    攻撃1
    集中1
    早食い1
    風圧無効(シリーズスキル)

    おとも装備

    おとも武器:バルキンネコボールα(睡眠)
    おとも防具:カイザー上下(耐火)
    おとも道具:ミツムシ寄せのお香

    閃光はヘルフレアを誘発するし痺れ罠は古龍には効かないので、おとも道具は回復ミツムシ。何度も危ないところを助けられました。さらに、おともの睡眠武器で15分のうちにナナが3回寝たので、大タル爆弾Gを調合分も含めて持っていけば、もっと楽になりそうです。

    自分の装備は氷武器よりダメージは劣るものの、閉所でのヘルフレアがイヤなので龍封力大のネルギガンテ武器で挑みました。それでも一度だけ食らいましたが、風圧無効防具のおかげで行動できるため、アステラジャーキーを食べてしのぎました。

    施設の設備利用

    撃龍槍と2回目の落石を待っている間は自力でしのぎますが、近接武器は後肢を狙います。硬くて白い数字なので不安ですが、ちまちま削ればダウンをとれます。テオの尻尾パンチは、かかと付近にいれば安全ですが、ナナの尻尾の当たり判定は物理的に不可能なくらい広く、脚攻撃中から離れる方向に逃げると間に合わず、かかと付近でも食らうので振り返って尻尾をあげたらお腹の下に避難しました。尻尾でHPを半分くらい持っていかれるので、攻撃よりも、尻尾回避優先です。

    でも立ち回り下手を自認しているので、近接処理については真に受けない方がいいかもしれません。ご参考までに。

    パンドラのその後

    転身の装衣入手にはこの後テオ・ナナ夫妻討伐が必要ですが、場所も広いし50分あるので一頭ずつ相手にすれば闘技場ほど鬼畜ではありませんでした。チートなみに強い装衣でその後の狩が随分楽になるので、カスタム強化に燃えて歴戦個体を狩りまくりたい場合は早めに取るといいと思います。ランク49の歴戦キリンもこれ取ってからやればよかったよ…。

    手順図解

    モンハンワールド:立ち回りダメダメ双剣でもパンドラ闘技場クリアできる手順

  • モンハンワールド漫画日記:ハンターをやっつけるだけの簡単なお仕事です

    弱って足を引きずっている動物さんを容赦なく追い詰めるのがかわいそうで停滞していたMHWですが、サブローちゃんのおかげでようやく胸を痛めずに遊べるようになりました。ストーリーが進んでより強い敵と戦うようになると以前苦戦した相手の攻撃がかわせるようになっていたりします。キャラでなくプレイヤーが成長していくゲームは頑張りがいがあっていいですよね。

    捕獲した動物の扱いについては、研究している担当の学者さんに聞き込み調査をしたところ、識別番号をつけて放しているとのことでした。やはり闘技場に残っているのはバイト君だったようです。ぶっとい龍撃砲がまともに刺さっていたように見えましたが、すごい演技力です。きっとハンターを返り討ちにすると特別ボーナスが出たりするんで頑張っているに違いありません。お金を貯めて例えばウラガンキンは何を買いたいのか興味があります。

    相手がかわいそうな感じになってきたら先に進む時なのでしょうが、防具強化のためのバウンティは手早く片付けたいですからね。それでもできる限りは捕獲するようにしています。早く終わるし、胸も痛まないし、報奨金も増えるし、一石三鳥!最近は眠らないタイプや万一失敗した時に怖がらせないように隠れ身の装衣を羽織って捕獲に挑むようになり、より人道的になってきたように思います。

    モンハンワールド漫画日記:ハンターをやっつけるだけの簡単なお仕事です


  • モンハンワールド漫画日記:ハンター適性

    苦労して作ったキャラに愛着が湧いてふらっと始めたモンハンワールド。シリーズ未経験+察しが悪いので全方向手探りで楽しいです。

    モンスターの挙動もよくできていて、ある程度ダメージを与えると足を引きずって逃げていったり…おおぅ…ここは「あと一息!」とガッツポーズすべきなのかもしれませんが、よくできているが故にかわいそう。

    そもそも赤いほっぺがかわいいこのプケプケなんかは大型肉食獣から身を守るためにせっせと毒草食べて毒を吐くものの、道ですれ違っても人はスルーの草食獣ですし、肉食獣にしても生まれた場所で普通に暮らしているだけなんですよね。そこに勝手に押しかけて、装備を作るため乱獲しているという現実の前には調査という名目はあまりにも薄っぺらいではありませんか。

    わかってます、これはネトゲだから気の合う仲間とわいわい楽しむためには、早々にやることがなくなっては困るんです。装備に必要な素材の数もどんどん増えて鬼周回を促します。わかってます、これはCGなので誰も傷ついてません。

    これまで周回要素があるゲームは、倒しても倒しても出てくるシュールさを逆手に取って「これはテーマパークであって敵は演技しているバイトさんなのだ」と思い込んで茶化すことで乗り切ってきましたが、今回は弱った演技が上手すぎて同じイデオロギーが通用せず泣けてきます。捕獲なら、と思っても、研究が済んだら闘技場でなぶり殺しになるって知ってしまったので…ああ、知らなきゃよかった。

    お供がかわいいし有能なので一人でも遊べるようになっていたり、強さ装備の有料ガチャもないしで良ゲーだと思いますが祖先が採集民族らしい自分には向いてないかもしれないと思うようになってきました。Yonder終わってしまったし、お供のにゃんこを連れて時々キノコ集めしながら恐竜から逃げ回るゲームとして楽しむことになりそうです。

    モンハンワールド漫画日記:ハンター適性

  • モンハンワールド漫画日記:美人製造なるか?

    予告した通り、どんなにキャラメイク頑張っても美人ができないというモンハンワールド伝説に挑戦すべく、女の子キャラ作ってみました。体験版が今日までなので必死です。

    できた時には正直微妙かなーと思ったんですが、動き出して表情が変わると印象が全然違います。必死すぎたのか、時間をかけすぎて混乱したのか、もはや親の欲目なのか、すっかり情が移ってしまい、気づけば製品版を買っていました。一人でもゆっくりちまちま遊べば末長く楽しめそうです。狩のあるYonderみたいな感じで。

    しかし美人ができないって話は、ムービーでは良くてもプレイ画面になるとゴリラ、という問題だったんですね。まあもういいんです。背中しか見えないし!

    モンハンワールド漫画日記:美人製造なるか?

  • モンハンワールド漫画日記:今さらですが初体験

    今さらですがモンハンシリーズをやったことがなくて乗り遅れ感がひどすぎるあまり手を出せずにいましたが、ふとPSストアでモンハンワールドの体験版が20日までというのを目にして飛び込んできました。やったことない人は今がチャーンス!

    足跡や粘液のような獲物の痕跡をチェックしていると追跡可能になったり、罠をかけたり、手強い獣同士が戦い始めたら影に隠れて漁夫の利を狙ったりと、ちゃんと狩猟っぽさを再現しているのが楽しいです。これ、仲間がいたら一人が追い込んで待ち伏せしたり援護射撃したり、獲物が大物になっていくとマンモス狩り体験みたいな感じになるんでしょうな。

    ぼっちだと、ちびちび削ってもすぐ逃げられるわ、すぐ鈍る武器を研いでる間に逃げられるわ、とにかく時間がかかるわで、ちょっと苦行かな。サブローちゃんに手伝ってほしいけど、ローカルマルチに対応していないのでPS4とテレビをもう1台買わなきゃいけないのはハードル高いかな。PS Plus二人前もプラスだもんね。しょうがないのでぼっちでぼちぼち。忙しいサブローちゃんの勉強時間をあまり奪ってもいけないし。

    ところで受付嬢がかわいくない、と話題になりましたが、世界相手に売ろうとしたらビキニの乳揺れねーちゃんではマズイのですよね。エロで釣らなくても面白いものにしてみせるという自信と矜持もあるでしょう。仲間がいて楽しくてジェスチャーを買ったりおともに服を買ったりする「したい人がすればいい」課金システムや、ちゃんと内容のあるDLCを作っているのも、オンラインならではの楽しさとビジネスモデルとしての機能を真剣に考えている、今の日本では数少ない良心的なゲームメーカーだと思います。健全なゲームがちゃんと売れたという事実も嬉しいです。

    とりあえず残る時間は「どう頑張っても美人が作れない」というモンハンワールド伝説に挑戦するためキャラデザ頑張ってきます!〜続く

    モンハンワールド漫画日記:今さらですが初体験1
    モンハンワールド漫画日記:今さらですが初体験2
    モンハンワールド漫画日記:今さらですが初体験3
    モンハンワールド漫画日記:今さらですが初体験4