• タグ別アーカイブ: ウィッチャー3
  • 腰抜け騎手に誰がした?貴重な積荷から始まるトラウマ追跡漫画

    それはウィッチャー3序盤でのこと。「貴重な積荷」という、それはサブミッションだった。化け物に襲われて馬と大事な荷物を失ったと意気消沈する商人に頼まれ、不気味な沼地で現場を調査。何かおかしい。生きながら食われたはずの馬はそこに倒れているし、さらによく見ると矢が刺さっている。確かに沼地には雑魚怪物ドラウナーがいたが、あいつらに矢を射るような文化はないはず。おかしい。

    そういえば「商人」は目立つ大弓を背負っていたような。もしやアイツが荷馬車を襲った張本人で、化け物に囲まれて回収が困難になった獲物をウィッチャーに取って来させようと自分を被害者に作り話をでっち上げたか。そうは問屋が卸さねえ。このように情報を小出しにしてプレイヤー自身に考える余地を与える加減が、実に絶妙でうまい。面白くなってきやがった!と、ドキドキしてくる。

    鼻息も荒く商人のところにとって返して問いただすと、なんとヤツは身を翻し、逃げ出した。そして馬に跨って街道をみるみる遠ざかる…。逃げるとか、やっぱり真っ黒じゃねーか!この嘘つき野郎、逃がすかあ!愛馬ローチで追跡だ!盛り上がって参りました!…と思ったら、なんか乗り損なったんだな。その時だ。自分の中で何かが崩れた感触があった。と同時に頭の中に呑気な曲が流れ、僕はコントローラーを投げ出したのだ。

    もうこりごりだ。そう思った。

    問題のサブミッションはサブローちゃんがリトライして簡単にクリアしてくれた。選択肢の幅が広い割にはコンパクトで、さりげなく次の目的地へ導いてくれる、ウィッチャー3らしい良イベントだった。追跡そのものは、サブローちゃんの腕前が僕より上というのを差し引いても、難易度が高そうには見えなかった。なのに自分は1度たりとも頑張らず、貧相な自称商人にも指差して笑われそうな勢いで逃げ出した。自分に何が起こったのだろう。

    ローチに乗り損なった時、確かに時のオカリナ※のロンロン牧場を思い出した。あの悪夢の競馬を。嫌な思い出ではあるが、それが今なお自分のゲーム人生に深い影を落としていることに軽くショックを受けた。ちなみに自分は自他共に認めるゼルダ信者なのだ。だからなおさら驚いた。これまで扉を固く閉めて忘れていた忌まわしい記憶が、ふとしたきっかけで噴き出した。これを再び封じ込めるのか、対峙して解消するのかの決断の時が来た。そう感じた。

    続く

    ※時のオカリナ…名作の誉れ高い昔のゼルダ(NINTENDO64)。ロンロン牧場はシリーズ中初登場のエポナと出会う意義深い場所。しかしエポナを手に入れるには不愉快なレースに勝たなければならない。

    腰抜け騎手に誰がした?貴重な積荷から始まるトラウマ追跡漫画
    ウィッチャー3は悪くない。昔のゲームのせいなんだ…

  • ウィッチャー3における配給雑巾問題について・漫画で考察

    なんか変だなーとは思った。辺境の村に行っても、目の眩むような塔が聳える大都市に行っても、戦火をついて敵対している隣国に行っても、チラチラと視界を横切る白っぽい何か。凝視してはいけないような気がする何か。いや、見ずにいられるかー!

    そう、女性キャラの胸元から、折に触れてはみ出しているアレだ。

    白くてゴワゴワと不快そうなアレ。雑巾のようなフグの干物のような凍りこんにゃくのようなアレは、なんと下着なのだった。しかも日本版だけエロ規制で後付けしたのでウィッチャー3の重厚な世界の中で大変に浮いている。

    ー真夜中の水辺に一人佇んでいたキーラが、こちらに気づいて振り向いた。見ればこんにゃく以外何も身に纏っていないー…こういうシーン、本国ではマッパなのかなー、と思うと、エロいというより、あっけらかんとしてるなー、とか、合意の上なんだし健全だよなーという感じ。

    成人指定でない以上、お上としてはズバリ見えてはいかんのだろうね。こんな良作を、それだけのためにイケナイジャンルに分類されては人類の喪失なのでそれは仕方ない。それにしても干物はないだろう…。しかも近隣諸国津々浦々、貴族の令嬢から謎めいた魔女、貧しいが気立てのいい村娘まで一人の例外もなくお揃いの配給下着とか、かなり異常ではないか。

    モブは同じ人体の服や髪を替えて使いまわしているし、主要キャラは着替える。全シーンをあらゆる角度から見えるか見えないかヤバイかセーフか検証して修正する時間も予算ももったいない。そこで臭いものは元からの原理で、服を着せる前の人体の方に下着をくっつけて自動で処理しているようだ。だから、しっかり着こんで隠れていても、全部脱いでも本体は変わらぬ大本営配給の下着姿だから、オールセーフ。それが規制下での生まれたままの姿だから。そう、こんにゃくは生まれつき

    まあね。モザイクとか黒塗りなんかよりはずっといい。そっちの方が手間がかかるんだし。それはそうだ。だけど、せめてモブ以外はもうちょっと手をかけてやれなかったものか。レースみたいなテクスチャをつけるとか、魔女はセクシーな黒とか、もっとこう、あるだろう!いや、下着っぽく見えちゃダメなのか。むしろ干物っぽさが求められて…よくわからなくなってきた。

    ウィッチャー3は間違いなく名作だし、日本版だけの些細な問題なのはわかっている。でも、雑巾はないだろう。だが、雑巾っぽさが…(以下ループ)

    ウィッチャー3における配給雑巾問題について・漫画で考察
    みんな仲良く雑巾姉妹!

  • ウィッチャー3:グウェントをやらないか

    ウィッチャー3だが。トレーラー見たらオリジナルの声がいいので英語音声・日本語字幕にしてみると、洋画を見ているような雰囲気でいい。ゲラルトの抑え気味の声がかっこいい。

    地味と評されるアクションは、剣の「切った張った」が好きな身には楽しい。魔法も補助程度の地味な感じがかえってツボる。

    40億?かけたという豪華な町並みや風景も素晴らしい。町を離れて徐々に植栽が変わっていく様子とか、川やその中洲の様子、大都市の裏路地の怪しさ、中央広場の美しさといい、眼福眼福、で、お上りさんのようにキョロキョロしてしまう。

    会話の選択によってダイナミックに変化していくシナリオもすごい。さすが神ゲーの誉れ高いだけのことはある。

     と、ここまでべた褒めしてきたが、一点、ひっかかることが。ゲーム内ゲームはFFやゼルダで濫用されすぎて、正直食傷気味になっている。そしてウィッチャーにも、ある。グウェントなるゲーム内カードゲームが。公式で基本無料サイトまで開設し、世界大会まで開いて流行らせようと推してるやつが。

    そしてもちろん、ウィッチャー本編の中でもゴリゴリに推されている。どれくらい露骨にプッシュされているかというと、深刻な話をしている時にも、一刻を争う事態でも、会話の選択肢に現れる。

    「グウェントをやらないか」と。

    うっかり選ぶと長いので、気をつけて避けていると、さりげなくリストの上の方に出てきたり(ずっと一番下だったのに!)、

    「気軽なカードゲームで遊んでみないか」

    などと巧みに文言を変えてきたりする。引っ掛けかよ!パッと見て「グウェント」の文字を避ける癖がついていると危なくてしょうがない。

    あのー、つまりこれユーザーは嫌がって避けようとする可能性があるってことをちゃんと分かっているってこと?分かってるから罠にかけようとするんだよね?

    「なぁーに、一度引きずり込めばグウェントの楽しさにメロメロよ」

    とでも思ってるんでしょうか。やらず嫌いじゃないよ!長すぎるんだよ!僕はRPGしたいんだー!

    続きが気になるんだが、これまでシナリオの進行さえ犠牲にして逃げ回ってきたグウェントに、まわりこまれ、追い詰められてきたため、なんか起動が億劫になってきた。難易度設定にグウェント抜きモードが欲しかった‥。

    ウィッチャー3:グウェントをやらないか・漫画