デザインを変えました。しばらくあちこち変かもしれません。

マイラの心を壊すもの〜汚染の実態(ネタバレ注意)

訪れるたびに、ちょっと舌足らずな鼻歌で和ませてくれたマイラちゃん。いつまでもそこに、そうしていてくれるのだと思っていたのに。

 ある日、静かなので移動したのかと思ったら、なぜか棒立ちになっていて、よく見ると目がおかしいです。そして次に会う時には、ナイトを見ると襲ってくる、ハロウネストに溢れる魔物の一体となり果てた姿で打ちのめしてくれます。何の罪もない庶民の日常が奪われていく過程を目撃させられる、この物語の一番残酷な部分かもしれません。でも、もっとむごい部分を、僕はまだ見ていませんでした。

マイラの心を壊すもの6

 そういえば突っ立っている彼女の夢を覗いたことがあったかな、と思いついて夢見の釘を当ててみたんです。すると、衝撃的な内容に軽くショックを受け、試したことが無かったことを確信しました。襲ってくるマイラちゃんの夢を苦労して覗いたことはあったのですが、肝心の部分を知らなくて以前の考察『マイラに何が起こったか』は不完全でした。

マイラの心を壊すもの4
棒立ちのマイラちゃんの夢がむごすぎる

汚染されてオレンジの目をした虫たちがなぜホーネットその他に向かわず主人公だけを狙ってくるのかが、これでわかりました。汚染されると記憶を失うらしいことは街のじーちゃんからも聞いて知っていましたが、その後どうなるかは深く考えていませんでした。本来の意志が汚染源ラディアンスの具体的な意志によって書き換えられていたとは。

すると、こうも言えます。一見国益になる汚染をばらまくことでゆっくりと着実にハロウネストを滅ぼそうとしたラディアンスの巧妙な計画は、その悪意を器に閉じ込めることで王によって封じられました。しかしラディアンスはあきらめず、王との絆を通して完全な無ではなくなった器の心を内側から攻撃し、その結果生じた亀裂を通して自分の意志を遂行する感染者たちに次なる使命を課したことになります。それは空虚な者を見つけて殺す、つまり新しい器の誕生を妨害することです。そして時間を稼いで現在の器を完全に破壊して再び自由の身となるのが目的でしょう。

汚染を止めるために自らの不死性をあきらめた王の意志はもう更新されることはない一方で、敵であるラディアンスはリアルタイムに状況に対応できることを考えると、その不気味さ、絶望感は圧倒的です。

ところで、なぜブレッタやスライは近寄って話しかける(聞く)ことで感染を止めて助けることができたのにマイラちゃんはダメなのか。何が違うのか。そう思って3人の様子を比べてみました。

マイラの心を壊すもの5
左からブレッタ、スライ、マイラ

助かった二人にあって、マイラちゃんに無いものは何でしょう。すぐに気づくのは頭上に漂うオレンジのモヤモヤです。モヤモヤ立ちこめている二人は治って、スッキリしているマイラちゃんの感染は止められませんでした。どういうことでしょうか。

マイラの心を壊すもの1

スライもブレッタも思考が漏れるかのようにブツブツつぶやいていたので、モヤモヤも汚染で充満した感染者から溢れているものだと思い込んでいましたが、むしろ入り込もうとしている最中の汚染物質があのモヤモヤなのかもしれません。

マイラの心を壊すもの2

すると、マイラちゃんのまわりにも最初はオレンジの雲があって、それが既に入ってしまった時に僕は来合わせた、と。つまり、手遅れ。でも、他の感染した虫たちのように問答無用で襲ってくるわけではなく、意志がまさに上書きされようとしている瞬間です。本当にあと少し早かったら、あそこで寄り道しなかったら、と、無念に打ちひしがれるしかありません。なんと絶妙な演出でしょう。

以上のことから、汚染をばらまく実行部隊であるらしい汚染の種のライフサイクルを図にすると、こうなるでしょうか。宿主を渡り歩いてどんどん自己増殖を繰り返すのも、宿主の意志をのっとって都合のいい行動をさせるのも寄生虫に見られる特徴なので、心の病と言われる汚染は、実は寄生虫による寄生と考えるべきなのかもしれません。チョコチョコ走っている汚染のタネは虫っぽいですもんね。割とかわいくて、それがまた忌々しいのですが。

マイラの心を壊すもの3

コメント

タイトルとURLをコピーしました